カパンジー機能解剖学Ⅲ【第二章】:骨盤帯後半

全国800万人のハッシーファンの皆さんこんにちは。粒コーンです。吹田、摂津千里丘で産後の骨盤矯正、産後ケアはお気軽にどうぞ。

今回は基礎科座学で開始された「カパンジー」さんの簡単な纏め記事となります。

カイロプラクティック志塾に関心がある人も「こんなことをしているのか」とちょっと覗き見する感覚で眺めてみてください。

合言葉は「レッツ、カパンジー!」

各ページの大切なポイントを抜き出しました。ここだけ覚えて後は黒塗りにしておいても大丈夫です。

第二章骨盤帯:後半

p66-67

骨盤帯の関節に及ぼし肢位の影響
  • 骨盤帯の関節は体重によって関節面に押し付けられている
    • 「立ってるだけでしんどい」の1要因→押し付けられる力に抵抗できない
  • 「股関節(下)」と「仙腸関節(上)」の2カ所でそれぞれ連携システムを構築
    • 仙骨に掛かる上半身の体重(P):仙骨岬角を引き下げる(A)
      • ※「拘束される」という言葉はおかしい。拘束されるのは後述の靭帯による拘束現象。
      • Pによる仙骨の引き下げ(N2:うなずき)を阻止する靭帯【うなずきブレーキ】
        • 仙棘靭帯/仙結節靭帯/上・下前仙腸靭帯
      • 地面からの反力(R)はPと共に回旋の連携を形成する?
        • 腸骨を後方へ傾斜(N1:反うなずき)させる。
          • このN1(腸骨)がN2(仙骨)の力を増強する
          • ※力は物理的に伝わる
  • 図2-39:片脚立位
    • 支持脚の反力Rによって股関節が上昇
      • 実際はその逆になる。
  •  歪みは片方への負担を大きくする
    • 歪みが生み出すものは何か?→重心の偏重
    • 重心の偏重は前後左右に起こり、捻りを生む
    • 偏った側にモーメントが起こる
  • 図2-41:仰臥位・股関節伸展→仙:うなづき運動+L前弯促進
  • 図2-42:仰臥位・股関節屈曲→仙:反うなづき運動+腰椎後湾促進
    • ハムストリングの牽引になってない。これじゃ大殿筋の牽引だ。
  • うなづき運動の説明が変じゃないか?

p68-69

骨盤壁
  • 図2-44
  • 仙棘靭帯:仙骨:坐骨棘
  • 仙結節靭帯:仙骨ー坐骨結節
  • 梨状筋:S2-3前面から上孔経由で大転子(上後方)へ
    • 上臀動脈は上孔の上を通過
    • 坐骨神経は上孔の下を通過
  • 図2-45
    • 大腰筋と腸骨筋
      • 小転子へ停止
    • 梨状筋と腸腰筋による股関節のサンドイッチ関係

p70-71

骨盤の下方隔壁
  • 無視
    • できる事は無い

p72-73

女性の会陰
  • 無視
    • できる事はない

p74-75

腹腔ー骨盤腔の体積
  • 産道の話
    • 分娩における赤ちゃんの通り道が目で見える程度
    • 「開いて閉じる」が良くわかる。

p76-77

分娩
  • 分娩の流れ
    • 分娩開始:腹圧下で胎児頭部は骨盤上口を突破
      • これより先、 胎児頭部は小骨盤に入るは変。
      • 骨盤上口の拡大は「反うなずき」
    • 胎児頭部が小骨盤(骨盤上口・骨盤腔)へ
    • 子宮筋収縮:陣痛開始
    • 骨盤の直径開大:恥骨結合の開大による
    • 骨盤狭部・骨盤下口はどこいった?
  • 分娩時の「反うなずき」の記述が変?
  • 仰臥位で反うなずき運動?
  • 翻訳が不十分か?

p78-79

排尿と排便:女性の会陰の例
  • 尿の永続的分泌
    • 蛇口のポタポタみたいなもの。
    • 内側は常に尿漏れ状態。
  • 膀胱とは貯留タンク
    • 膀胱の膨満で尿意を感じる
    • 膀胱は骨盤内では最も前方にある
    • 排尿は基本抗えない欲求。それを意思が抑え込む
      • 随意筋:横紋括約筋の作用で抵抗。
      • 身体は出したがっている。
  • 便:直腸内に蓄積する。
    • 直腸が溢れると生理的欲求が起こる
  • 便・尿ともに重要となる筋肉
    • 横隔膜
    • 内腹斜筋
    • 腹横筋

p80-81

男性の会陰
  • 特に問題は無い
  • 唯一、前立腺の肥大で尿滞留が起こる
  • 腹圧は滞留の場合以外は不要としているがそれはどうなのか?

p82-83

骨盤外表の指標
  • 図2-77:棘突起は変形が著しい
    • 棘突起による触診の信憑性
    • ダブルチェックの重要性

 

投稿者プロフィール

Toshio Nakamura
Toshio Nakamura志塾歴は3年目
大阪府吹田市で「トシオとイクミの俊カイロプラクティック院」をしています。男塾の大豪院邪鬼と同じく「卒業せずに居座る塾生」です

関連記事

  1. カパンジー機能解剖学Ⅲ【第5章】:頚椎後編

  2. カパンジー機能解剖学Ⅱ【第2章】:膝関節 後編

  3. カパンジー機能解剖学Ⅲ【第5章】:頚椎中編

  4. カパンジー機能解剖学Ⅲ【第4章】:胸椎後半

  5. カパンジー機能解剖学Ⅲ【第二章】:骨盤帯前半

  6. カパンジー機能解剖学Ⅲ【第一章】