橋爪テクニックに彷徨うな。そして溺れるな

全国800万人のハッシーファンの皆さんこんにちは。吹田/摂津/千里丘で腰痛や肩こりでお困りの方はお気軽に。粒コーンです。

dummy
粒コーン

うひひゃう!

今日は「勝って兜の緒を締めよ」みたいな話です。

技術に溺れてしまえ!

dummy
ツブコーン

嘘です。

技術に溺れるなかれ。これが言いたい事です。

スラストは最後の「1押し」に過ぎない。

スラスト・アジャストは最後の総仕上げ。正確な見立てと検査というお膳立てが無ければ「宝の持ち腐れ」です。

「鳴る関節を鳴らす」

そうなってしまうとアリ地獄にはまります。ご注意下さい。

矯正はオマケ。グリコのオマケ。

治療全体においては「矯正」は全体の1%なのである。99%を見失わない様に。自分を見失うのは自己責任だが、ハッシーテクニックを見失うと志塾の看板に傷がつくぞ!

ラネージュではともかく自院では「志塾代表」となっている事を忘れないようにしよう。

dummy
芹沢さん

話を戻すぞ

見立て・検査は全体の99%だ。この99%は最後の「1%」を活かす為にある。

dummy
芹沢さん

1%の為に99%を積み上げるんだ。

身体と右腕を失ったエルリック兄弟は中学生くらいで気付いたぞ。「全は1,1は全」なのだ。

有名な物書きが何人も同じ様な事を言っている。

  • 「99%を削ぎ落して残った1%。それが活字となる」
  • 「1%の為に99%を捨てる」
  • 「1%の為に残り99%は存在する」

どちらが欠けても芸術的な治療は成り立たない。

検査と確信は自信を生む

確かな検査と見立て、それはもう「自信」しか生まない。

自信無さげに取り組み「パキッ」となって安心するなかれ。

自信満々に取り組み「うんともすんとも」言わなくても「固いなぁ~」と堂々と言えばいい。

何故なら固いからだ。

投稿者プロフィール

Toshio Nakamura
Toshio Nakamura志塾歴は3年目
大阪府吹田市で「トシオとイクミの俊カイロプラクティック院」をしています。男塾の大豪院邪鬼と同じく「卒業せずに居座る塾生」です

関連記事

  1. 卒業生が目指す姿とは

  2. 言葉を曖昧にしない2

  3. 橋爪テクニックの学習の仕方【2019年版】

  4. 橋爪テクニックの学習の仕方【2020年版】

  5. 技術より空間を大切に

  6. 自分を信じる事を曖昧にしない。