流行らない店にはそれなりに理由がある

全国800万人のハッシーファンの皆さんこんにちは。吹田/摂津/千里丘で腰痛や肩こりでお困りの方と頑張る粒コーンです。

今回は「流行らない店にはそれなりの理由がある」という事についてシェアです。

気になる「オムスビ屋さん」があった。

実家近くには小さな商店街が駅前にある。そしてそこの端っこに気になるお店があった。

「おにぎり屋さん」である。

名古屋時代には普通におにぎり屋さんが町中にあった。今はもっと名古屋はお握り大国と化している。

でらうまい!こだわりたっぷり愛知県のおにぎり専門店10選

名古屋は決して「天むす」と「ひつまぶし」だけでは無いのだ。

という訳でお握りにうるさい私はこの「小さなお店」が気になって仕方が無かったのである。

期待させる要因がてんこ盛り

そのお握り屋さんには美味しそうな要素がてんこ盛りである。

  • お米屋さんが運営している

これ以上の要素は蛇足なので記載は控える。

もう美味しそうな予感しかしない。

という訳で行ってきた

娘がお握り食べたいというので、私は行ってきた。どんなオムスビがあるのだろうか。ドキドキするのは初めて彼女ができた時以来だ。直美ちゃん元気にしてるのかな。

店が近付いてきた。遠くから先にメニューを確認しよう。あれ?定食と弁当しか書いてないぞ?お握りあるのか?

店が近付いてきた。チラシが貼ってあるが「お弁当」しかない。おい、本当にお握り屋さんなのか?

看板には「米屋が作るお握り屋さん」と書いている。もうよくわからん。

考えても仕方がないので入る事にした。入り口のドアには「頑固おやじが作る美味しいお握り」と書いてある。緩急の付け方が独特のお店だな。

という訳で注文してみた

dummy
粒コーン

「こんにちは」

店には誰もいなかったので暖簾の向こう側に声を掛けた。挨拶は人間関係の基本である。

dummy
頑固親父

「ども!こんちわ!」

凄いダンディなビッグダディが出てきた。この人が頑固おやじか。確かに頑固おやじに見える。

dummy
粒コーン

「お握りのメニューってどんなのあるの?」

ドキドキワクワクしながら聞いてみらが元気良く返事が来た。

dummy
頑固親父

「ゴメン、お米がまだなんだよ」

おい頑固おやじ、今11時だぞ。どういうこと?回転一巡目は売り切ったのか。

dummy
粒コーン

「じゃあ、何時くらいにできあがりますか?」

dummy
頑固親父

「いやぁ~まだ少し掛かるんだよぉぉ~」

頑固親父は黄猿みたいな口振りで返事をしてくれた。

皆、覚えておいて欲しい。だから客が入らないんだ。入る要素は幾らでもあるのに。それを望んでいない店主なのかもしれんけど。

もしこれで「いやぁ、お握りの売り上げが振るわないのよ。味には自信があるんだけど」

なんて隣のスナックでくだを巻いているなら「私を雇え」と言ってやりたい。

この自称頑固親父の黄猿さんはこの5分間の間に3点の致命的な失敗をしている。それに気付けたら貴方の院は大丈夫だ。

健闘を祈る。

関連記事

  1. 動ける身体を一瞬で手に入れる本-たった3つの動きで劇的に変わ…

  2. 負けない姿勢と常に考える姿勢が新たな何かを生む

  3. ホリエモンの備忘録

  4. 新型コロナで自粛しても何かはする2

  5. 色んなリーフレット

  6. EMSについて考えよう。