カパンジー機能解剖学Ⅲ【第二章】:骨盤帯前半

全国800万人のハッシーファンの皆さんこんにちは。粒コーンです。吹田、摂津千里丘で産後の骨盤矯正、産後ケアはお気軽にどうぞ。

今回は基礎科座学で開始された「カパンジー」さんの簡単な纏め記事となります。

カイロプラクティック志塾に関心がある人も「こんなことをしているのか」とちょっと覗き見する感覚で眺めてみてください。

合言葉は「レッツ、カパンジー!」

各ページの大切なポイントを抜き出しました。ここだけ覚えて後は黒塗りにしておいても大丈夫です。

第二章骨盤帯:前半

p46-47

  • 骨盤は腹部の土台
  • 実質身体全体を支えている
  • 会陰は下方隔壁
    • 隔壁を開く会陰切開は踏ん張りの開放

p48-49

男性と女性における骨盤帯
  • 骨盤:腸骨2つと仙骨からなる。
  • 関節は3つ
    • 2つの仙腸関節
    • 恥骨結合
  • 骨盤は同種2形
    • 男性:狭い
    • 女性:広い(妊娠~出産対応)

p50-51

骨盤帯の機械的模型
  • 骨盤の役割
    • 体幹骨格の構成の為※体幹の一部
    • 腹部臓器の受け皿(支持と保護)

p52-53

骨盤帯の構造
  • 図2-7
    • 荷重は骨を経由して両股関節へ→スラストの力も同様。
    • 抵抗力Rとは体重に対する地面からの反力。
    • 仙骨は腸骨靭帯によって吊り下がっている。
      • ハンモック機構
      • 自動ブロックと呼ばれる。
  • 図2-8,9も

p54-55

仙腸関節の関節面
  • 仙腸関節の運動軸をチェック。

p56-57

仙腸耳状面と脊柱のタイプ
  • ストレート系の姿勢すらAP
  • Aであるほどに仙腸関節は可動傾向に。
  • 図2-17:力の分解を理解しよう

p58-59

仙腸関節の靭帯
  • L4-5とSは実質一体化
  • 仙腸関節を単体で狙うのは構造上困難かも
  • 靭帯が余りに一体化している

p60-61

うなずき運動と反うなずき運動
  • 仙腸関節の動きは個人・条件で変化するらしい
  • うなずき運動
    • 仙骨:BP→AP
    • 腸骨:PI→AS
    • 骨盤入口:大→小
    • 骨盤出口:小→大
  • 反うなずき運動
    • 仙骨:AP→BP
    • 腸骨:AS→PI
    • 骨盤入口:小→大
    • 骨盤出口:大→小
図のOSについて
  1. 骨盤入口部:OS
  2. 骨盤入口部の前後径:OS

2つの定義がある気がした。わかりにくい。

p62-63

うなずき運動の異なる理論
  • はっきりしていないものはスルーでいい
  • 運動軸がはっきりしないと、矯正の際の関節の動きがイメージできない。

p64-65

恥骨結合と仙尾関節
  • 軟骨と繊維軟骨(骨間靭帯)は別物
  • 図2-34:恥骨部
    • 長内転筋の緊張によって外腹斜筋・腹直筋を覆う
    • チェーン干渉の可能性。検討の価値あり
  • 図2-37: 仙尾関節
    • 受動的に排便・分娩時に屈曲ー伸展運動が起こる。
    • 骨盤出口の前後径を増大させる。

 

投稿者プロフィール

Toshio Nakamura
Toshio Nakamura志塾歴は3年目
大阪府吹田市で「トシオとイクミの俊カイロプラクティック院」をしています。男塾の大豪院邪鬼と同じく「卒業せずに居座る塾生」です

関連記事

  1. カパンジー機能解剖学Ⅲ【第5章】:頚椎中編

  2. 回答サンプル

  3. カパンジー機能解剖学Ⅲ【第4章】:胸椎後半

  4. 基礎科カパンジーさんの学び方

  5. カパンジー機能解剖学Ⅲ【第三章】:腰椎後半

  6. カパンジー機能解剖学Ⅲ【第5章】:頚椎後編