マスク着用志塾、新型コロナウイルス対策

近畿地方は一晩中降り注いでいた雨も明け方には上がり、この時期としてはあったかすぎる伏見の1月。
カイロ志塾早くも令和2年2回めの授業である。

今年になって中国武漢市で発症した「新型コロナウイルス」は日に日に感染した患者が増加し(中国の発表する数字はあてにならんけど)、日本にも来日した患者が出現した1月26日の志塾授業はマスク適応が義務付け警報が事前に出た。

基礎科実技プロローグ授業は大切

この日の塾長の実技に入る前のワンポイント「仙骨というものははこうなっていますよ」の授業はどこの本にも書いていない聞いておくべきものがたくさんある内容が盛りだくさんの貴重な時間。
これが大事なんですよね。

ホワイトボードに書いた図もやや小さめだが、納得するイラストと解説。
動画には撮影されているので、何らかの形で見ることができるようにしよう。

モーパルは仙骨

前回までは仙腸関節、腸骨と胸腰椎の伸展、回旋検査までだったが、今回は仙骨、そして。

腸骨のEXとINのモーションパルペーション検査。

そして繰り返し練習が始まる。

おや?遅れて現れたこの人物は?

7期生と分別するマスク支給

カイロプラクティック志塾では時折、基礎科塾生と指導者とを分別するための特殊マスクを支給することがある。
今回この時期が最も適しているということで、指導者と基礎科を修了して早く到着した者順に支給された。

彼ら彼女らは決してふざけているわけではない、ここの志塾に馴染んでいるから素直におもしろマスクをよしとするメンバーなのである。

いや実に感慨深い雰囲気がある。

恥ずかしがりやの彼もへんてこマスク着用と写真撮影にはへっちゃらさ~のさっ!。

頚椎のモーパル

モーションパルペーション続いては頚椎の2~7を触診します。

ふつう常識的に思ったら不思議?に思わないのか?おもしろマスクを纏った面々。

カイロ志塾ではこれが正統派の面々、マスク着用の人のスキルはかなり高い。

さあ~て頚椎モーパルの特訓だ ❣。

なかなか仙骨も頚椎もわかりにくい、そんなにサブラクセーションのない7期生と講師スタッフ。

令和2年度外食組は

令和2年度7期生スタッフは外食はせず、まかない昼食ですませる感が多い今年2回めの外食、というわけで昼間から外食メンバーは「乾杯~❣」ウーロン茶やけど。

ここの店は肉が噛み切れなかった記憶があるが、まず注文して最初に出てきたのは「スタミナ丼」外税別880円。

スタミナがついたかどうかはよくわからないけどつきそうな定食。

「ステーキ定食」ノーマル980円のお肉のかたさはどうだったのだろうな。

「カルビ焼肉丼定食」は税別880円。

私の注文した「焼き肉定食」のお肉はやはり舌をかんでしまった。
なぜ毎回舌を噛んでしまうのか?この店。

午後に続く・・・・・

投稿者プロフィール

takahiro arikita
takahiro arikita志塾の広報宣伝部長
志塾とは関係のない内容が多いブログだが誰が見ているんだろうな?
https://www.facebook.com/takahiro.arikita

関連記事

  1. ぶっつけ本番リモート授業

  2. 7期生スタート・伝説の塾生現わる!

  3. つぶコーン志塾かパンティ

  4. 人多すぎ暑い!

  5. 今年の志塾の桜を見る会は4月5日

  6. 2020/10/26のカイロプラクティック志塾