カパンジー機能解剖学Ⅲ【第一章】

全国800万人のハッシーファンの皆さんこんにちは。粒コーンです。吹田、摂津千里丘で産後の骨盤矯正、産後ケアはお気軽にどうぞ。

今回は基礎科座学で開始された「カパンジー」さんの簡単な纏め記事となります。

カイロプラクティック志塾に関心がある人も「こんなことをしているのか」とちょっと覗き見する感覚で眺めてみてください。

合言葉は「レッツ、カパンジー!」

各ページの大切なポイントを抜き出しました。ここだけ覚えて後は黒塗りにしておいても大丈夫です。

p2-4

人は脊椎動物である
  • 猿人は2足歩行は可能だが、持続的には起立できない
  • 祖先の脊椎と「現代の脊椎」は違っている

P4-5

脊椎:張線を張った軸
  • 錐体外路の無意識的調整機構の存在
  • 無意識化の調整張力を「トーヌス」と呼ぶ

P6-7

脊椎:体の軸そして神経系の保護
  • 体幹の支持機能
  • 神経系の保護
  • L2下方は脊髄円錐、終糸は神経学的に如何なる機能も持っていない
    • 馬尾神経はL2以上のもののみ神経学的機能を持っているのか?
    • 実質L2以降の施術は何なんだ?

P8-9

全体として見た脊柱の湾曲
  • 頚椎前弯
  • 胸椎後弯
  • 腰椎前弯
  • 咀嚼平面と視線平面は一致と考えて良い
    • 地面と平行であればざっくりと良い。
    • 頭だけで調整をする人が続出するので要注意。

P10-11

脊柱彎曲の出現
  • 5ヵ月:腰椎後弯
  • 13ヶ月:後弯
  • 3歳:軽度前弯
  • 8歳:明確な前弯
  • 10歳:確立

P12-13

典型的な脊椎の構成
  • ハッシーの椎弓とは実質「横突起」

P14-15

脊柱の湾曲
  • 軸圧に対する脊柱の抵抗力を作る(サスペンション)
    • 湾曲無し:1
    • 腰椎湾曲:2
    • 胸椎湾曲:5
    • 頚椎湾曲:10
  • 湾曲無しでも仙骨は水平位置
    • 後弯(ベースポステリア)はこの程度

P16-17

椎体の構造
  • 中央・前方が極めて弱い
    • 耐久力は600㎏
    • 椎骨はまだ4足歩行の段階から大きく進化をしていない。進化途中?
      • 腹部には骨格が無いので椎間板への負担が大きくなる
      • 4足歩行だとそもそも負担が無い。
  • 後壁は800㎏
  • たった200㎏しかないの?
  • 圧迫骨折は脊柱管自体を破壊するので脊髄障害が起こりやすい

P18-19

脊椎の機能区分
  • 脊椎を前・後に分類する
    • 前:静的役割
    • 後:動的役割

p20-21

椎間の連結要素
  • 椎体間結合は高所からの転落、交通事故等の重大な外傷でしか破綻しない
    • 傷つくことはある。

p22-23

椎間板の構造
  • 髄核内圧は250mmhg
  • 髄核内部には神経・血管は存在しない
  • 血管が無い為、自然治癒力の可能性が否定される
    • 髄核は完全に隔離されている
  • 神経も確か血管は走っていない
    • 周辺の栄養血管から間接的に受け取るはず
    • 神経と血管のワイヤリング

  • 椎間板の繊維輪軟骨はあらゆる方向の繊維が重なる
    • 外→内:縦→水平
      • 後の方が繊維的には弱い。
    • 上下の抵抗性が余りに強い、捻りの抵抗性が低い訳ではない。
  • 髄核は繊維輪による圧のもと「陽圧」となっている。
  • 傷つくと除圧になって能力ガタ落ち。
    • 腹圧にも当てはまる

p24-25

柔らかい球に類似した髄核
  • 各自勉強
  • 10しか動かないのではない。
  • 20動くものを靭帯が10に制限しているという事。

p26-27

椎間板の前負荷状態と椎間-脊椎関節の自動安定性
  • 流していいです。

p28-29

髄核における水分の移動
  • 引っ張れば水分吸収
    • 免荷のタイミングで水分が髄核へ戻る
  • 押し込めば水分離脱
  • 椎間板は加圧で厚さを減少させる
    • 除圧とともに瞬間的に元の暑さに戻る訳ではない
    • 戻る途中で新たな圧が掛かると。。。

p30-31

椎間板に対する圧迫応力
  • 椎間板に異常が生じている場合
  • 椎間関節のアライメントが崩れる
    • 関節面に沿った運動ができなくなる
    • 脊椎の場合は関節裂隙が後方に広がる:前屈状態

p32-33

レベルによる椎間板の変化

椎体の運動性についての比較

  • 頚椎1番
  • 腰椎2番
  • 胸椎3番

p34-35

椎間板内での構成要素の動き
  • 傾斜した椎間板への力
    • 下位椎体終板への垂直な応力
    • 下位椎体終板への平行な応力

p36-37

側屈時の脊椎の自動回旋

大事な部分だが少し日本語がわかりにくい。

  • 側屈時、前方正中線は凸側へ向かう様に回転する
  • 棘突起は凹側へ寄る。

p38-39

脊椎の屈曲-伸展の総可動域
  • 腰椎:
    • 屈曲:60
    • 伸展:20
  • 胸椎(全体)
    • 屈曲:105
    • 伸展:60
  • 頚椎
    • 屈曲:40
    • 伸展:60

後は流してください。

p40-41

脊椎の側屈の総可動域
  • 腰椎:20
  • 胸椎:20
  • 頚椎:35~45
  • 全体として:75~80

p42-43

脊椎の回旋の総可動域
  • 腰椎:5
  • 胸椎:35
  • 頚椎:45~50
  • 骨盤~頭蓋骨:90度をわずかに超える

仰臥位の状態で頚椎回旋検査:脊椎全てが整って初めて90度。

p44

脊椎の総可動域の臨床的評価

流してOK

投稿者プロフィール

Toshio Nakamura
Toshio Nakamura志塾歴は3年目
大阪府吹田市で「トシオとイクミの俊カイロプラクティック院」をしています。男塾の大豪院邪鬼と同じく「卒業せずに居座る塾生」です

関連記事

  1. カパンジー機能解剖学Ⅲ【第5章】:頚椎前半

  2. 回答サンプル

  3. カパンジー機能解剖学Ⅲ【第5章】:頚椎中編

  4. カパンジー機能解剖学Ⅲ【第三章】:腰椎前半

  5. カパンジー機能解剖学Ⅲ【第4章】:胸椎後半

  6. カパンジー機能解剖学Ⅲ【第5章】:頚椎後編