本当のシャワー付き温水洗浄便座

本当にシャワー付きの温水洗浄便座

某コンビニのトイレを利用した際、ほんまもんのシャワー付きトイレに遭遇した。
通常今のトイレは洋式でお尻洗浄機や便座のボタンは右サイドまたは左右の壁際に設置されていて、股の間からシャワーノズルは出てくる予定なのだが。
ここではほんまもんのシャワーの蛇口がサイドに備え付けられている。
斬新かつ画期的なシャワー付き温水洗浄便座。
しかし使用する際にはどうなんだろう。
きっと磐座や床が濡れてしまうのではないか。

シャアー取っ手口には「オストメイト用シャワー」のシールが貼られている。
「オストメイト用シャワー」ってなんだ?

前半部は写真では写っていないが、「必要のない方、及び本来の目的以外には絶対に使用しないでください」って書いてある。
本来の目的以外ってなんだろうな?

使用したわけではないが床はかなり水浸しだった。
次回訪れることがあったらぜひ試してみたい。

温水洗浄便座の定義

温水洗浄便座とは洋風便器に設置して温水によって肛門を洗浄する機能を持った便座のことである。
商標の普通名称化により「ウォシュレット」や「シャワートイレ」などの呼称で総称している場合があるがウォシュレットはTOTO、シャワートイレはINAX(LIXIL)の商標である。
日本ではこの温水洗浄便座を装備した便器が増加しており、2015年3月末現在の一般家庭への普及率は77.5%に達する。

投稿者プロフィール

takahiro arikita
takahiro arikita志塾の広報宣伝部長
志塾とは関係のない内容が多いブログだが誰が見ているんだろうな?
https://www.facebook.com/takahiro.arikita