歩いたぜ1日10万歩をケンコーミサトっ子草履で。

全国800万人のハッシーファンの皆さんこんにちは。吹田/摂津/千里丘で腰痛や肩こりでお困りの方はお気軽にどうぞ粒コーンです。

2019年1月1日、粒コーンは人生初、そして最初で最後の1日10万歩のウォーキングをしてきました。もう二度としねぇ。

目的

  • ウォーキングの実績
  • 自分の歩行研究の集大成
  • 先行者優位のマンチェスター戦略

自分なりにまとまってきた歩行スタイルで1日10万歩を達成する事ができるのだろうか。それを確認してみたかった。ウォーキング指導員みたいな資格を取っても良かったが、資料を見る限りは生理解剖に通じたカリキュラムでは無かったのでパス。わかりやすい実績を取りに行った。

粒コーンスペック

  • 1日平均15,000歩
  • 歩行路は基本的に坂
  • ケンコーミサトっ子草履で歩く

信じられない事だが「1日10万歩」で検索を掛けると幾つかの先駆者がいた!これでは先行者になれないじゃないか。という訳で耐久テストもかねて「ケンコーミサトっ子草履」で1日10万歩を歩く事にした。これによって得られるプライズはデカい。

  • 世界で(多分)初めてケンコーミサトっ子草履で1日10万歩を歩いた男
  • ケンコーミサトっ子草履の耐久性確認
  • これだけニッチならギネス行けたんじゃねーか?

先駆者情報

まさか2人もいるとは!

1日10万歩スタート。

朝の3時半出発

本当は大みそかの午前0時出発を予定していたが仕事の都合で難しくなる。そこで31日まではしっかり仕事をして翌日の元旦にずらす事へ。

1日の予約キャンセルが功を奏した

1日の予約が入っていたAさん世帯がインフルエンザキャンセルとなったのが大きかった。売り上げは吹き飛んだが時間は確保できたのだ。この正月はインフルエンザキャンセルがやたら多い。皆大変だ。

いきなり出遅れた1日10万歩

午前0時に出発予定が31日の仕事納めが午後10時半。今から午前0時は流石にキツイ。年越しそばを食べる為に中抜けしたのが響いた。

という訳で仮眠をとってからの午前3時半に出発する事に。真っ暗である。

怖い兄ちゃんグループが至る所に居た

大晦日明けの元旦には至る所に怖そうな兄ちゃんグループが居た。絡まれるのは怖い。さてどうしたものか。

だが、その悩みは杞憂に終わる。「坊主+真冬草履」の組み合わせは破壊力抜群だった。一定のリズムで刻まれる「ペッタンペッタン」も追い風となった。余りの気味悪さにむしろあっちが「あれは何かヤバい生き物だ」的な認識をしてくれたのだ。

流石はケンコーミサトっ子草履だ。助かった!

やっと日が差してきた

明るくなってきた

怖い夜道を耐える事3時間程度。段々と明るくなってきた。大阪の天神橋筋商店街に着いた頃にはもうすっかり朝だ。

写真撮るの忘れた

一応ここを折り返しにした

無事に灘波に到着。ここまでで「40,000歩」だった。まだ10時半ころだったかな。思ったより簡単に終わりそうだと感じた事を覚えている。

甘かった

折り返しから地獄が始まった

昔お世話になった天満の店。改名していた

午前中に50,000歩は行けるなと思った時に「これ、楽勝じゃん」と感じた。終わりが見えると気持ちが軽くなるからである。

だが、ここからが大変だった。

次々と起こる異変

やっぱりこのまま終わってくれなかった。

徐々に足の感覚が変に

4万歩までは何ともなかった足が、5万歩を超えたあたりからおかしくなってきた。

  • 大腿四頭筋の各筋の動きがしっかりわかる
  • 元々悪い箇所に違和感が出る(右腰/左股関節)

凄いぞ皆、5万歩を超えると別世界が待っている。身体の悪い場所が遂に悲鳴を上げ始めるんだ。そして筋肉と深い会話ができる。

俺は今回、中間広筋ととても仲良くなったぜ!

T8-10の固定が起こる

股関節に違和感が出始めると胸腰移行部あたりが明らかに固定を起こす様になった。上半身と下半身が完全に分離を始めたのだ。何か歩き方がギクシャクしてるなーと感じる。

これは7万歩あたりで出始めたが、軽く咳払いをしただけで固定を起こしている胸腰移行部の骨に響く様な感覚がやってきた。その響きは綺麗に肋骨に沿って出てくる。正に神経の分節構造だ。

股関節を整えると今度は足裏

股関節の違和感、T8-10の固定が余りに不快になってきた所でストレッチで対応。股関節へのストレッチは効果てきめん。足が大分軽くなった。

だが、足が動く様になると今度は草履の接地の度に足裏が何だか響く。股関節の違和感に隠されていたものが出てきたようだ。

身体と意識が完全に噛み合わなくなる

50,000歩を超えて最も厄介に感じたのは「意識と身体」が完全に噛み合わなくなった事である。「気持ち」は前へ前へだが「身体」は随分手前に取り残されているのだ。

これは横断歩道でよく見るおじーちゃん現象である。

車の状況を見て「良し行ける」と横断歩道を渡るのだが、まず足が上がらない。正確には「上がっていない」状態。気持ちではもう次のステップに進んでいるはずの足がまだ1歩目で手こずっているのである。

僕の場合は前に進む推進力を作る前に「着地をしっかり受け止める」という動作で筋肉が手こずっていた。いわゆる「シニアスロー」現象だ。

「あれ?何だこれ?」と違和感を感じた時にも車は進んでいる。危なかったが、1つ勉強になった。シニアがゆっくりなのは「意識」と「身体」が噛み合っていないからだ。これが経験できたのはデカい。

 

流石に休憩を入れる

とにかく5万歩超えたら世界が変わる。足の感覚なんてもうあるのかないのかわからない。だが、リズムだけは一定で動き続ける。人間て凄いな。

公園で一休み

流石に休憩。

公園でストレッチ休憩。

  • ツボ押し
  • 体操
  • ストレッチ

色々試してみたが、股関節ストレッチの効果がとにかく抜群。足の軽さが全然違う。動ける様になったのでトイレに行ったらおじいちゃんがドアを開けたままで大きい方を頑張っていた。

都会はやっぱり違うぜ。

スイーツでご褒美

流行りのバスチー

ここまで頑張った自分にご褒美を。流行りのバスチーを買ってみたが、これは何処かで食べた事がある味だった。

後半戦に備え一旦帰宅

後3万。これが遠い

残りは3万。だがここからが長くなりそうだ。

そこで一旦帰宅し、お風呂に入る。血流を流して身体をマッサージしてストレッチ。最終決戦に臨む。

チビコーンに骨盤矯正させた

身体が余りに固まってきていたのでチビコーンを呼んで骨盤矯正してもらった。自分で絞ってしまえば後はチビコーンでも簡単である。チビコーンもそれなりにベテランなのだ。

うわ、身体超軽い!

今回の10万歩で最も衝撃を受けたのはこれかもしれない。

  • 脚が上がる
  • 胸腰移行部の響き取れた
  • 上半身と下半身が繋がった

やっぱり骨盤大事ね。

という訳で折り返しスタート

ラストスパート開始

4時ちょっとに帰宅し、17時15分に出発。外はもうこんな状況だ。景色が見えないのは思いのほか辛い。つまらないのだ。

終わりが近付く後半戦

後2,500歩

午前3時半から始まった「ケンコーミサトっ子草履で1日10万歩」だが、それも終わりが近付いてきた。9万超えた辺りからはゾンビである。

頭が働かない

夜遅くになってきたという事もあるのだろう。目で見た情報を処理できなくなってきた。

「エコロパーク」は「エロパーク」にしか見えなかった。元旦早々煩悩の塊である

ドーピング追加

カフェインとアルギニン追加

実験的にエナジードリンクを買ってみたが、効果は微塵も感じなかった。眠気にはいいかもしれないが、疲労軽減にはならない。

この20分後、ここで得たお釣りを少し、イオンのゴミ箱に不要レシートと一緒に寄付してしまった。エナジードリンクチャージ後でも頭は依然として働いていない。

決戦の場に辿り着いた

ここが最終決戦の場所だ

できれば「99999」の数値を写真に撮りたかったので明るい外灯のある場所を決戦の場所に選ぶ。長かった。本当に長かった。

そして悲劇が起こった

遂にその瞬間が目の前に

「99999」の瞬間を捉える為に「99980」歩からは手にとってカウントを確認しながら歩く粒コーン。しかし、カウントが「99991」から前に進まない。おい、どうなってるんだ。手持ちだからカウントされにくいのか?

すると次の瞬間。。。

1周してしまった

何だこのオチは。せめて「99999」でカンストしてくれよ。

ショックよりも「やっと終われる」という開放感の方が大きかった。午前3時半から午後10時40分。19時間くらい歩いていたのだ。

とにもかくにも「人生で1度はする」と決めていた事が1つ終わった。

頑張ったよケンコーミサトっ子草履

今回1日10万歩を耐えきったケンコーミサトっ子草履 。

全体的にヘタれた

10万歩耐えたケンコーミサトっ子草履

加重ポイントが凹んだ

踵の加重ポイントが凹んでいる。つま先の母指部分も同様に凹んだ

鼻緒の布が破れた

こちらは原因不明だが鼻緒の布が破れていた。鼻緒自体は元気。

靴裏はへたれた

靴裏はもう駄目だな

乾いた路面は大丈夫だが、濡れた路面やタイルは普通に滑り出すレベル。これはもう履き潰しだ。

1日10万歩は足だけでなく草履にもかなりの集中的な負担を強いていたのだと思う。よく耐えてくれたと思う。

投稿者プロフィール

Toshio Nakamura
Toshio Nakamura志塾歴は5年目
大阪府吹田市で「トシオとイクミの俊カイロプラクティック院」をしています。男塾の大豪院邪鬼と同じく「卒業せずに居座る塾生」です