妊婦さんとインスリン

全国800万人のハッシーファンの皆さんこんにちは。箕面/茨木の彩都で産後の骨盤矯正しています粒コーンです。

dummy
ツブコーン

粒つーぶ!

今回は妊婦さんとインスリンについての小ネタです。元ネタは助産院の勉強会です。

妊婦さんとインスリン

まずはインスリンのおさらいから。

インスリン

  • すい臓から分泌されるペプチドホルモン
  • 血中の糖質抑制機能(余剰分の回収・貯蔵)
  • 脂肪細胞・骨格筋のグルコーストランスポーターに作用する。
  • 脂肪分解を抑制する

実は働き者のインスリン

  • 骨格筋でのアミノ酸・カリウムの取り込み促進
  • 骨格筋でのタンパク質合成の促進
  • 肝臓での糖新生の抑制
  • 肝臓でのグリコーゲンの合成促進・分解抑制
  • 脂肪組織の糖取り込み・利用促進
  • 脂肪の合成促進・分解抑制
  • グリコーゲンの新生促進
  • 脂肪合成の促進
  • 尿細管のNa再吸収促進

インスリンが関わる作用は実はこんなにある。恐らく実際はもっとあるはず。

インスリン抵抗性

インスリンによるグルコースの取り込み機能が低下している状態。グルコーストランスポーターの機能不全

妊娠初期

  • 胎児:ブドウ糖需要は少ない
  • ママ:母体同化が促進→体重増加

妊娠末期

胎児:母体摂食+脂肪異化で補充

ここも前項との間で文章の矛盾、破綻が見られるので判断が難しい。

妊娠末期のママと胎児

  • 胎児:ブドウ糖とアミノ酸がエネルギー源
  • ママ:脂肪分解によるエネルギー

ここの部分、参考資料の日本語が既におかしいので眉唾でいい。

妊婦さんの矛盾した拮抗

  • インスリン分泌の亢進:高インスリン血症傾向
  • インスリン抵抗性の発現

関連記事

  1. 久しぶりに真面目な話をば【集客に関して】

  2. 論文ってこういうもの。

  3. 力のあれこれ

  4. コロナウイルス騒ぎでマスク高値に

  5. 妊娠ママの小ネタ

  6. 食品添加と原材料