内分泌系の変化:妊娠

全国800万人のハッシーファンの皆さんこんにちは。摂津/吹田/千里丘でヘルニアや坐骨神経痛でお困りの方はお気軽にどうぞ、粒コーンです。

今回は妊娠時の内分泌系の変化についての小ネタです。元ネタは助産院の勉強会です。

内分泌系の変化

妊婦さんの代謝適応は独特である。

  • 妊娠の維持
  • 胎児の発達

このどちらも実現する為の特別仕様となる。

赤ちゃんがゆっくり育てる環境

  • 子宮収縮の抑制
  • 胎児への効率的糖供給機構の成立

分娩後を見据えた備え

  • 乳腺の発達+全身性の脂肪蓄積(3~4kg)

更にはこの脂肪はエネルギー源としての貯蔵だけでなく生理活性物質(アディポサイトカイン)を分泌し、妊娠中の生理に寄与する。

卵巣機能

胎盤産生:エストロゲン・プロゲステロン

視床下部での性腺刺激ホルモン放出ホルモンの分泌抑制。

※高濃度のエストロゲンは乳汁分泌を抑制する。プロゲステロンは免疫抑制によって妊娠維持に寄与している。プロゲステロンブロックを図ると妊娠維持が困難となり中絶・流産となる。

母性ホルモン:プロラクチン

授乳中は高値維持、授乳中止により約2週間で非妊婦レベルに落ち着く

投稿者プロフィール

Toshio Nakamura
Toshio Nakamura志塾歴は3年目
大阪府吹田市で「トシオとイクミの俊カイロプラクティック院」をしています。男塾の大豪院邪鬼と同じく「卒業せずに居座る塾生」です

関連記事

  1. 向精神薬についての基本的な事

  2. コロナウイルス騒ぎでマスク高値に

  3. よくやるマーケティング

  4. ハラミがヘルシーだと?

  5. 新聞記者の記事の書き方

  6. 力のあれこれ