セルフタイマー撮影のお決まりは

関西でセルフタイマーで記念撮影なんかをする際には、タイマーをセットする本人が何回かボケをかまさないといけない暗黙の決め事がある。
iPhoneだとセルフタイマーは3秒と10秒の設定ができるが、3年以上使用しているバッテリーが何もしないでも数時間で切れてしまうアンドロイドスマホだと2秒か5秒の選択しかない。
タイマー撮影者はカメラシャッターを押した後ひたすら走って撮影される場に戻らないといけないのだが。
しかし1、2回は遅れたり何かにつまずいたりして笑いを取らないといけないのである。

私はこれを何年も繰り返して「アホなやつや」とか「バカじゃないの」と思われつつ記念撮影される人々の笑顔を期待し続けていたのである。

して結果はそんなに笑顔でもない記念撮影写真が記録されている。

今年の卒業式ではこの信念を持った誰かがセルフタイマーでみんな笑顔の写真撮影をしてもらえればいいと思っている。

投稿者プロフィール

takahiro arikita
takahiro arikita志塾の広報宣伝部長
志塾とは関係のない内容が多いブログだが誰が見ているんだろうな?
https://www.facebook.com/takahiro.arikita

関連記事

  1. セミも寿命が伸びたのか

  2. カテゴリ整理パクる

  3. 元祖向いていない男の院

  4. ひきこもり”8050問題”

  5. 下駄を履く

  6. パソコンも本人もくたびれてきてる