志塾授業もラスト2回でっせ!

カイロプラクティック授業のある日を見込んでやってくる今年の台風も今回は日本列島にやってくる前には温帯低気圧となって消滅した。
しかしまたしても関東地方には大雨が降ったようで、被害にあわれた方々にはお見舞い申し上げます。

いじめ指導の学校の先生でもあるにも関わらず、程度の低い「いじめ」がしょうもないニュースとなって報道されている昨今、この写真の様なような一見「いじめ?」とも思われる施術風景ではあるけれど(動画がないので証明できないのだけど)多少痛いだろうと思われる施術をお互い施す授業前の優しい塾生たちなのである。

京都伏見もこの日の朝は道路が濡れていたのだが、少々夜が冷え込む季節となった和歌山市内の早朝では、そろそろ道路で寝ている人も1名見かけた。

6期生は最後の追い込み

タイトルのような特に追い込まれる必要はないのだが、今年の志塾授業も今日を含め後2日、もう基本アジャストメントを正確にできなければ授業になっている。
今回は見学者2名、見学は何回来ても自由だが今年はもう次回の11月10日のみ。

前回は塾生及び先生講師の靴が誰の靴であるか当ててみよう企画があったが、今回は誰のリュックが誰の持ち物であるか。
ほぼすべての者が荷物はリュックに入れて移動する時代になった。
ひと昔、いやもっとむかしむかしの昭和の話かもしれない。
小学生のランドセルは別として、小学校の遠足なんかにしか背中に背負われなかった荷物の移動手段。
その頃はリュックサックじゃなくナップサックとか言った、フニャフニャのビニール製の背負子である。

特に色以外はそんなに特徴はないね。

とにかく背負ってしまえば両手が使える便利なカバン。

今やビジネスマンでも必須のアイテムリュック。

もうボーイスカウトのためだけにあるのではない。

おや?見たことあるような?どこやらのクリニックの先生らしき人も、個性溢れバラエティーに富む志塾生の面々。

出た!あみだくじ

6期生の何をするにも定番のあみだくじが始まった。

午前11時からは一人ひとりが塾長にモーションパルペーションとアジャストメントの寸止めをするというまあまあ緊張する授業の順番を決めるあみだくじであった。
むかし「オレたちひょうきん族」で「アミダばばあ」ってあったよね。
そんなこと知らない世代はYou Tubeで検索してみて。

なんなんだyo このほうかむりした連中は。

3階からの見学もできます。

6期生と外食もあと僅か

今年の外食組は大人数で出かけるので、全員入れる店は偶然行き当たるしかない。
来年度もっと増えたら何組かに別れて行くしかないな。

けっこう混んでるうどんやも偶然入れた。
今回は二人づつ別れての席、またしてもお相手はブルース・リー先生である。
なぜかと言うとこの二人が先に店に入るからである。
写真は「笑い飯セット」のうどん抜き「笑い飯のみ」は500円。

5期生も最後の追い込み

って書いたけど見ていたわけではないのでわからないが大量の動画から想像するとそうなんだろうということにしておく。
彼らは12月8日に去っていく・・・
あばよ、アディオス、さようならの時間が近づいてきた。
今年こそはなんとかいい最後のお別れの挨拶をと考えるのだが、書いて残しておく気がないために、あくる日にはすっかり忘れてしまっている。

ホワイトボードには謎の暗号が・・・。

大山椒魚ショップ開設

詳しくは聞いていないのだが、今年奈良県に塾生の「大山椒魚ショップ」が開設されたらしいのである。
といっても天然記念物の大山椒魚を販売しているわけではないだろうが、大山椒魚が好きすぎて大山椒魚グッズを販売しているみたいだ。
商品名はわからないが見た目で「大山椒魚パン」を頂いた。

帰りの電車で袋から取り出し写真を撮って食べようと楽しみにしていたのだが、なんとラ・ネージュ1階の机の上に置き忘れ、その後腹をすかした大山椒魚のような塾生が胃袋に収めてしまったようだ。
誠に残念申し訳なかったとお詫びしておきます。

パンの一個ぐらいそれっぽっちでは足りないぜ!って言ってた人間大山椒魚男。

それって誰なんだ?

投稿者プロフィール

takahiro arikita
takahiro arikita志塾の広報宣伝部長
志塾とは関係のない内容が多いブログだが誰が見ているんだろうな?
https://www.facebook.com/takahiro.arikita

関連記事

  1. 台風17号とラクビーW杯

  2. 名札の位置は自由なんだ

  3. つぶコーンジャック

  4. 懇親会に今年もあのオヤジが

  5. 梅は咲いたか、桜はつぶコーン

  6. 今年のラスト授業「午後」