【再確認】症状が重い人程「絞り(最密位)」で動く。

全国800万人のハッシーファンの皆さんこんにちは。摂津/吹田/千里丘でヘルニアや坐骨神経痛でお困りの方はお気軽に。粒コーンです。

dummy
粒コーン

毎日が涙目

今日は矯正について改めて感じた事をまとめよう。

矯正前に動く

本当に身体が悪い人は矯正をする前に動く。正に「お前はもう、矯正している」状態になる。絞りの最中にポコンと動く。

矯正で重要な事

  1. CP(コンタクトポイント)
  2. DP(ドクターズポジション)
  3. 絞り(最密位)=方向+角度

何回考えてもこの3つだけ。大胸筋収縮も勿論重要なのだが、矯正はほぼ9割がこの3つで決まる。

この「違和感」をマスターしよう

これは自分自身もまだまだ勉強中のポイントだが、頚椎や胸椎の矯正に関しては間違いないと思っている事がある。

  • MPで感じる関節の詰まり
  • 実際の矯正で動くときの手応え

これは絶対に一致しない。

MPでは「うわぁ、固い!カッチリ固定している」と感じた関節が、実際の矯正の際にはその手から伝わった固さでは「あり得ない軽さ」で動く。感覚と実際のギャップが酷い。

引用:https://etours.world/india/7629

こんな巨大な岩が。。。。

引用:http://pr1.work/7/aw

こんな感じの力でスルッと動く。

このギャップを受け入れないと力任せになる

意識し過ぎてこうなりがち。

感じたままの固定度合いで矯正をかけても動く。だが、そこから80%くらい力を抜いても動く。

これがどうしてもしっくりこない。

力任せになる時は大抵固定を感じながらの矯正になる。

嘘みたいにスコンと動くときは、その固定が殆ど感じられない。固定どこいった?

ただ、狙っている関節面に力を集約させようとしていると「スルッ」と動く。ポコンという音と共に。

「ググゥ~シュピン!コキン!」ではなく「ググゥ~ポコン!」となる。やってるこっちが「え?」となる。

最初は「そういう時もあるさ」とホームランが出た程度の認識だったが、これが続いてくると「そういう方法があるって事か」という1つの道の様な感じられてきた。

何が違う?何が重要だ?

何度考えてもやっぱり「角度」「方向」そして「姿勢」である。それ以外に見当たらない。というか要素が無い。

  1. 綺麗にコンタクトをして
  2. 力が溜まる姿勢を取って
  3. 関節面に注ぎ込む

言葉にしてりゃー簡単なのだが、実際にそれをやろうとするとそうもいかない。

ああ、道はまだまだ険しい様だ。

引用:https://tinyurl.com/yheo3n5v

投稿者プロフィール

Toshio Nakamura
Toshio Nakamura志塾歴は5年目
大阪府吹田市で「トシオとイクミの俊カイロプラクティック院」をしています。男塾の大豪院邪鬼と同じく「卒業せずに居座る塾生」です

関連記事

  1. 頚椎矯正の備忘録

  2. 向いていない男が辿り着いた頚椎の結論※2番以下

  3. 「向いていない」男シリーズ:臨床編

  4. 部屋とYシャツと矯正音

  5. 牽引を極めよう

  6. マーライオン