塾長も塾生も皆釣りが好き

今年の夏も、死んでしまえと日本国民を熱し続けた暑さもようやく落ち着いてきた9月、海水温は下がったのかどうだがわからないが、秋の釣りの季節到来である。
わたしゃ釣り人ではないのでほんとにそうなのかはわからない。
本当のことは関西ローカルテレビ、オール阪神MCの「ビッグフィッシング」を見ていただきたい。

橋爪塾長がカイロプラクティックより釣り好きなのはご存知のことであるが、現役塾生、卒業塾生もほぼみんな釣りは大好きなのである。
そんな現実があることから、橋爪テクニックを学ぶと同時に釣りのテクニックも学んでほしい。

9月連休に現役塾生である「まっちゃん先生」から和歌山県での太刀魚釣りの報告があったので、本人の了承もなく勝手に記事にしてみよう。
和歌山では「太刀魚(たちうお)」ではなく「たちお」と言う。
和歌山県の有田市は太刀魚の漁獲量は日本一、どこで釣りをしたかは知らないが、まあ太刀魚が来たらどこでも釣れるときは釣れる。

冒頭のフリー素材✖フリー素材本人の太刀魚サイズはリリースサイズじゃないのかと思うけど、顔の大きさと比較してみるとよくわからない。

渡船で釣る海釣り

とにかく和歌山県は北から南まで太平洋の海に面しているので、どこからも釣りが可能である。
渡船を予約して釣りに行く場合は、このような港から出発する。
写真は東南アジア風のような感じもするが・・・。

夜中または朝早くの港の海は都会とか山奥で暮らす人達にとっては別世界である。
この写真も東南アジア感がある。

板子一枚下は地獄

「板子一枚下は地獄」とは、船乗りという仕事の非常に危険なことのたとえである。
そこまで海が荒れていたら渡船は出ません。
ましてや週末釣り人、命をかけてまで漁に出る必要もないし。

いろんな獲物を狙う漁

休日の釣りでマグロ専門に漁船をチャーターしている人がいた。
彼は船頭の魚群探知機でマグロの群れを追って、和歌山沖から伊勢湾より東の太平洋までマグロを求めて十数時間も漁をしてきたりしていた。
「遠洋漁業ですか?」と尋ねたりしたことがあった。

また彼は数年前に和歌山県の紀南の養殖場の網が破れ、20億円ほどのマグロが逃げてしまったときの話も教えてくれた。

十数kgまでの大きさに養殖で育ったマグロは決して網の外に逃げてしまっても遠くには行ってしまわないらしい。
養殖網の外側を泳いでいるだけらしい。

そこを狙って釣りに行ったらしいけれども、餌を与える午前中しか餌には食いつかなかったようだ。

埠頭釣り

休みの日のファミリーなんかが集中する埠頭釣り。
別に休みの日に限らないけど、必ず釣れる場所から1メートルも離れると全く釣れないというその日のコンディションではなく、場所があったりする。

磯釣り

このような磯の小島に船で送ってもらうと、必ず腹具合が悪くなってしまう人もいる。
そんなときはどうしたんだろうか聞いてはいない。

釣った魚は

自分で釣った魚は旨いと思うけど、2,3日寝かして熟成させたほうが旨いということもありますね。

投稿者プロフィール

Taka & Toshi
Taka & Toshi面白いこと思いつかない
SNSなんてどんどん減っていく
https://www.facebook.com/takahiro.arikita