HP更新より練習したくなる時。

全国800万人のハッシーファンの皆さんこんにちは。摂津/吹田/千里丘でヘルニアや坐骨神経痛でお困りの方はお気軽に。粒コーンです。

dummy
粒コーン

チョモランマ!

コロナショックでお勉強中の粒コーンがひたすら書き殴る「新型コロナシリーズ」です。

こんな時がある

余り大々的に広告を打っていない当院の場合、集客は限られてくる。

  • HP
  • 紹介
  • 通りすがり

紹介が生まれるには「来院する」という大前提がいるので紹介は後の話になる。なので「はじめの一歩」が生まれる方法にいそしまなくてはイカンのである。

dummy
幕の内一歩

それは大変ですね。

通りすがりの人には「立て看板」がある。それを季節に合わせて置き換えていく感じで終わる。

そうなると残すはHPと言えるのだが、これが結構「飽きる」事が多い。商業的には大事なのだが、とにかく「飽きる」のだ。

dummy
粒コーン

ああ、やる気せん

それが最近またやってきた。

こうなるとHP作成作業は只の苦行と化す。

今もそうなった

最近、橋爪式骨盤矯正がまた個人的に進化した。今までの懸念材料であった「時々、梃子の力が逃げる」現象について1つの解決策が見えたのだ。

気付いた後に試しているが、今のところはいい感じに「グー」な状況でもっともっと試したいという欲求が溢れている。今すぐしたい。1人あたり左右1回ずつなんて余りに足りない。

だがしかし、業務時間中に時間ができたら「HP更新」がやはり重要な業務となる。今仕込んでおけば先に繋がるからだ。実際、最近はHP経由の依頼がやたら増えた。エキテンの口コミを転載するようにしたが、その効果が出てきたのか。

エキテンは逆張りしてみた

エキテンの口コミは「質より量」な感じがしているので、当院は敢えての逆張り。「質」を重視する事にしてある。

あろうことか、口コミを書いてくれている患者さんに「次の人に貴方自身を紹介してね!それで無ければ、駄目よ、駄目駄目。」と書き方を押し付けているのだ。

dummy
ツブコーン

我ながら何て奴だ!

その結果、当院らしい「暑苦しい紹介(皆さんに失礼。。)」が集まってくれた。もう書いてくれただけでも感謝である。

「エキテンさんの口コミを活用するのはあり」の記事を参照。

話を戻そう。

気持ちが乗らないとやる気でん

HP更新をしないといけないが、自分自身が技術の練習がしたくてたまらない。正直HPの更新なんて糞くらえだ!くらいの気持ちになる。

何せインターネット上の情報なんて「言いたい放題」で酷いもんだ。一生懸命に書いても、適当に書いても、それを読んで評価する患者さんは「見極める術」を持たない。

結果的には「自分が今聞きたいセリフ」こそが正解として評価していく。

dummy
ツブコーン

フォーカス理論だっけ?

そんな状況だとは百も承知だが、それでも小さな弱小院はインターネット集客に取り組まなくてはやっていけないのである。特にうちの様に地元の患者さんがまだまだ少ない院は。

だが、やる気せん。

頭ではわかってるんだ。

でもやる気せん。

こういう時、無理にパソコンの前に座っても全く頭が働かない。キーボードを打つ指先に力が乗らないのだ。

でも、誰かに書かせると「腑抜けた文章」にしかならない。自分で書かないと駄目なのだ。

そんな時は「書く」から「考える」に切り替えよう

dummy
ツブコーン

前フリ長いな。

パソコンの前に座ってもやる気が出ない場合、私は「カフェ」に行く事にしている。コンビニのイートインでもいい。極論ウォーキングでもいいと思う。

文字起こしをしようとすると詰まるなら、私が大得意な「妄想」に切り替えよう。これは実に捗る。アイデアが次から次へと思い浮かぶ。

思い付いた妄想ネタはあっという間に立ち去るのでメモが大事だ。思い浮かんだそばから「メモ」を書きまくろう。「後でまとめよう」は絶対に駄目だ。絶対に思い出せなくなる。

要するにこういう事だ。

やりたくない事は
しないに限る

投稿者プロフィール

Toshio Nakamura
Toshio Nakamura志塾歴は3年目
大阪府吹田市で「トシオとイクミの俊カイロプラクティック院」をしています。男塾の大豪院邪鬼と同じく「卒業せずに居座る塾生」です

関連記事

  1. 学校でフェイスシールドが必要なのか

  2. 1日10万歩を歩く際の注意点とその後

  3. 頸椎や腰椎

  4. O脚の人がやってきた

  5. 絶賛サーバーの引っ越し中

  6. カイロプラクティック志塾のHPが中々更新されない理由