和歌山電鐵貴志川線

赤字路線で廃業寸前から、今や世界的に有名になった和歌山電鐵貴志川線。
買い取った和歌山電鐵の親会社である岡山電気軌道はえらい。
最近また見慣れないキャラがペイントされた電車が走っている。
「機関車トーマス」の仲間かなと思ったがこれは「チャギントン」というキャラクターなのだそうだ。

「チャギントン電車」

横に並んでいる車両はなんだろう?貴志川線(むかしの人はこう呼ぶ)のドクターイエローなのか。

「おもちゃ電車」

すぐ近所で走っているわりには、たまたま免許センターまで行くのに1回乗ったきりである。

それが行きも帰りもこの「おもちゃ電車」、じじいには似合わない。

ちょっとしたテーマパークへの入り口にも思える。
ユニバーサル・スタジオなんかとは比較にならない低料金である。

乗り心地は車両が古いぶんけっこう半端なく揺れる。
座れなくて立っていると、つり革など持たずに体幹の筋肉のみで静止していることはむずかしい。
いろんなモノが設置されているから座席の数優先ってことはない車内。

「うめぼし電車」

乗車したことはないがいかにも和歌山の特産物を全面に出してる「うめぼし電車」。

「いちご電車」

これは貴志川線の終点のイチゴをイメージしているんだろう。
経営者のアイデアには感心する。

こんな田んぼとかある牧歌的なところを走っている和歌山電鐵貴志川線、福山雅治も乗車してたま駅長に会いに行ったらしい。

「たま電車」

これがそもそも人気のスタートとなった貴志駅駅長をネコのたま駅長に任命した「たま電車」である。

しかし通学などで利用している生徒やお年寄りには便利であるが、地元の住民はほとんど乗ったことがないんじゃないか。
わたしも終点の貴志駅には行ったこともないし、亡くなっが、初代の世界的に有名になったたま駅長なんか見たことがない。
中華系の観光客はやっぱり多いなという印象である。

投稿者プロフィール

takahiro arikita
takahiro arikita志塾の広報宣伝部長
志塾とは関係のない内容が多いブログだが誰が見ているんだろうな?
https://www.facebook.com/takahiro.arikita

関連記事

  1. 南海電車「HYDE サザン」

  2. 京阪電車はおけいはん

  3. JR紀勢線「パンダくろしお」

  4. 南海電車加太さかな線

  5. NEW JR和歌山線とEpisode

  6. 難波の駅の階段