現在公衆トイレ検分

日本はなんて公衆トイレが設置されている場所が多いんだ。
外国じゃ考えられないぐらい、いたるところにある。
南北880m・東西500mにわたる世界最大の天安門広場には、何十万人と集まったりするがトイレなんかない、溝みたいなところで用を足すような記事を読んだことがあるが行ったことがないので確かめようがない。

和歌山市の公衆トイレ

これは和歌山市しか検証していないので、日本全国がそうではないであろうことをお断りしておく。
ここ1,2年で和歌山市内の古い汚い感じのする公園のトイレも、おうちにあるようなシャワー付き便座のトイレに改築されてきている。
旧トイレは水洗ながらもむかしの和式便所風で、夜は暗いし夏はへんてこな虫がうじゃうじゃ、臭いし野良ネコも居住している様であった。

しかし現在は違う、犯罪も起きないぐらいにキレイだ。

川沿いの公園なんかを散歩しても2,300メートルおきにトイレが設置されている。

ただ近代的な冷たくない便座、シャワー付きトイレであっても、夏のくそ暑い時季では、ドアを閉めてしゃがんだ瞬間に便座の温度がMAXになっていたりして、まるでサウナに入っているかのようである。
さっと用を足しとっととトイレから脱出するのが賢明だ。
あくまでもドアを開放して用を足すなどと道義に反する行為を行なったりしてはいけない。

男子トイレの小便器

ここの男子トイレ小便器と壁の隙間は極めて狭い。
大きめのリュックを背負ってここで用足しをしようとすると、前につんのめってしまう。

南海電車サザンの指定席に指定席券を支払った者のみが使用できるトイレだが、南海電車はかなり揺れるため小便はどこか片手を掴まえていないと用を足すのが困難である。

投稿者プロフィール

takahiro arikita
takahiro arikita志塾の広報宣伝部長
志塾とは関係のない内容が多いブログだが誰が見ているんだろうな?
https://www.facebook.com/takahiro.arikita

関連記事

  1. 街で見かけた変なもの

  2. 公園徘徊見聞録

  3. やたら御触書の多い公園

  4. おおっ!とちょっとだけ思うこと

  5. 続・現在公衆トイレ検分

  6. 犬にはきびしい公園