ひきこもり”8050問題”

今年初めて40歳から64歳までの中高年を対象とするのひきこもりの実態調査を国が行ったところ、全国で推定61万人以上にのぼるという、驚きのデータを内閣府が発表している。

8050問題とは

80代の高齢者の親と引きこもり状態の50代無職の子が同居しているのが “8050問題”である。
ここから10年が経過すると9060という数字になるという。
しかしデータは男性も女性も含めてのことであろうと思われるが、女性の場合は家事手伝いという名目があるため、実質上のひきこもりはもっと多いと思われると日本の公共放送で尾木ママは発言していた。

対象年齢にあたる某志塾関係者は、仕事を辞め半年も何もしていなくひきこもり、80代の母親と同居している。
まさにこの問題と直結する、まことに考えなくてはならない問題である。

広義の引きこもりとは

内閣府が発表した”引きこもり調査”では

1.趣味の用事のときだけ外出する ➡推計24万8000人
(某志塾関係者は趣味の志塾の授業がある時は外出する)
2.近所のコンビニなどには出かける➡推計27万4000人
(某志塾関係者は近所のコンビニ、スーパーには一日何度となく出没している)
3.自室からは出るが家からは出ない
(某志塾関係者は自室は狭すぎるので1時間ほどいるとどこかに徘徊する)
4.自室からほとんど出ない3と4が➡推計9万1000人
(尿意、便意などをもよおした時はどうしているんだろう?)

結果、これまで行われていた15歳~39歳のひきこもり調査結果とほぼ同じパーセンテージの中高年のひきこもりがいることがわかった。
なんとその数は推計61万3000人と、驚く数字が明らかになった。

社会にはなじめない

人と会話や接触をしなければ、人混みが苦手というわけでもないんだろうか?
こういう人の多いところにもそういった人間は混ざっているようにも思えるのだが。

時代も背景もその国の環境も違っているけれど、なんとかメシを食えているからだろうか。

みんな明るく生きていこうとしているのに。

中高年ひきこもり調査結果

・ひきこもり期間は一応6ヶ月以上から
(とうとうその期間が来た)
・7年以上との回答が約半数を占めいている
・整形は父母が生計を立てている割合が34.1%

ひきこもりとなったきっかけは

・退職・・・36.2%
(派遣切りやリストラなども含む)
・人間関係・・・21.3%
・病気・・・21.3%
・職場に馴染めず・・・19.1%

よくない結果

こんな顔をしている状態ならまだいいんであろう。
(彼はフリー素材人物でひきこもり問題となんの関係もないが)

しだいにこのようなストレスが充満してくると・・・

要注意の枠を超えて危険人物となる。

ひきこもりの元祖は「アマテラスオオミカミ」なんだろうか。
世の中明るい話題、楽しい祭りなどでひきこもりを外におびき出そうじゃないか。

投稿者プロフィール

takahiro arikita
takahiro arikita志塾の広報宣伝部長
志塾とは関係のない内容が多いブログだが誰が見ているんだろうな?
https://www.facebook.com/takahiro.arikita

関連記事

  1. 志塾動画って必要?

  2. ここらが潮時かも

  3. クツは減る減る昔は草鞋

  4. 筆記テスト作りにつぶコーンが参戦する

  5. ケンコーミサトっ子草履

  6. プリンターのインク