筆記テスト作りにつぶコーンが参戦する

基礎科の筆記テスト作りも第1期生の時は橋爪塾長自らの非常に難解な「全部書きなさい」的な昭和のにおいが漂う筆記テストであった。
さすがにテスト用紙は往年のガリ版刷りなんかじゃなくパソコンで作ってプリンターで印刷した代物でありましたけど。
2015年以降は復習テスト、中間テスト、卒業テストとすべて5年間、かつてワープロ経験が少しある、WARDやEXCELなんてやったことがないスタッフが作っている。
学歴もないし、この分野の知識もそんなにあるわけでないスタッフがクイズのような筆記試験問題を作っていたのだがもうネタ切れだ。

LINE限定動画も毎年基礎科の内容をそのまま授業の復習として配信しているのが、その時の気分によって迷惑であろう大量に配信したり、極端な場合は配信なしの時もある。
筆記試験なんかもその時の気分で前回とほぼ同じだったり、極端に変更したりする。

基礎科塾生に優しすぎる午後の知識無能スタッフはプレテストなる筆記テストを事前に行って、素人もベテランも有資格者も同時に参加している同期の志塾生の知識を確かめる。
くどいほど復習テストで覚えてほしい知識を確かめるのだが、「覚える気なんてまったくあらへんで~」の塾生も中にはいるけど。
それがその人の全てでは決してない、臨床実技なんかでは意外と橋爪塾長に高評価されるのである。

6期生のLINEでのやり取りもなかなかおもしろくもあほらしくもなってきた、非常によいことだ。
このような信頼関係が生まれると途中で志塾を脱落していく塾生がない。
昨年度の5期生からこのような関係が特に強まったようだ。
人数が多いと「この中で誰かが途中でやめてしまうやろ」などとしょっちゅう冗談か本気で発言していると「中途でケツわりまへんで」的塾生になるんだろうか。

6期生グループLINEに書き込む内容はフリーである。
まさか公表されるとは思ってはいなかっただろうが、ネームはこちら側で通称の呼び名に変更してあるからほぼ誰だかわからないような設定になっている。
公表できない内容はこちらで勝手に書き替えるから問題はないと思っている。
みんな筆記テストは苦手なんだろうな~。

筆記テストなんて毎年同じでいいんじゃないと思うだろうけど、こちらとしたら飽きてしまった。
そのような気配を察したのだろうか、スタッフつぶコーン講師からこのようなLINEの文言が入った。

ということで今年の中間テストからスタッフN先生の超難解筆記試験を堪能して下さい。
いまさらスタッフNと表記してもタイトルはつぶコーンが参加となっている。
いったいN村講師とコーン氏は同一人物なのか?どうなのか。

投稿者プロフィール

takahiro arikita
takahiro arikita志塾の広報宣伝部長
志塾とは関係のない内容が多いブログだが誰が見ているんだろうな?
https://www.facebook.com/takahiro.arikita

関連記事

  1. パソコンも本人もくたびれてきてる

  2. 関西圏はPiTaPaでお出かけ

  3. ハトとマクドと551蓬莱の豚まん

  4. カテゴリ整理パクる

  5. ここらが潮時かも

  6. 不正広告横行