和歌山ソメイヨシノの開花

和歌山は紀三井寺の標本木が5輪以上開花したら桜(染井吉野)の開花宣言が気象庁から発表されるのだが、それよりも早く開花するのが和歌山城の自分が勝手に標本木にしている桜の木である。
南側にあるその木に今朝は2輪開花が見られた。
昨日が異常にあったかかったからね、20℃以上あった。
その他に木にも1輪2輪咲き始めたが、たまに早咲きになるこちらの木ではすでに数輪どころか、けっこう咲いていた。
和歌山もライバル東京についで勝手に開花宣言である。
東京と和歌山は毎年ほぼ同時に開花するが、今年は一日遅れてしまった。
この日は外国人がいつもより目立つ、景気もそれほど良くないのにインバウンド和歌山。

今年は開花が特に遅かった一の橋の枝垂れ桜も3分以上咲き始めた。

前年の台風でかなりの桜の木がダメージを受けたが今年の花はどうなんだろう。
梅なんかあっという間に散ったしな・・・。
観光客と間違われて和歌山城内のくのいち忍者に解説をされたけど、あんたより毎日見てるんで、こっちのほうがよう知ってるでって口に出そうだったが、枝垂れ桜をバックに写真を撮影してくれた。

一方こちらも今年は咲くのが例年より遅かった陽光桜、通常は染井吉野が満開の頃には散ってしまっているが、今年はほぼ同時期に満開を迎えるかも。

3月24日の伏見はまだ咲き始めか。

次回4月7日は満開か散ってしまってるかビミョウやw。

投稿者プロフィール

takahiro arikita
takahiro arikita志塾の広報宣伝部長
志塾とは関係のない内容が多いブログだが誰が見ているんだろうな?
https://www.facebook.com/takahiro.arikita