バ科学の備忘録

メッセージ物質という言葉が出てきた

  • ホルモンの事
  • 情報伝達物質

新しい単語を作るとややこしくなるだけ。紛らわしいなぁ

バ科学のまとめ

人間とは支持基底面が小さく、常にバランスをとる生き物

支持基底面とは

身体の床面に接している部分の外周により作られる領域。

見た方が早い

ノルディックが高齢者に良いのはこういう事

片足立ちは安定とは程遠い

身体の安定性の3要素
  1. 支持基底面の広さ
  2. 支持基底面の重心線の位置
  3. 支持基底面に対する重心の高さ
安定はそんな単純でもない
  1. 内耳で傾きを感じて
  2. 感覚受容器で感じて
  3. 集まった情報を目で見て照合 ※逆もある

バ科学その他

  • 重量比強度
  • アリは自分の100倍の重量物を持てる

 

ベルヌーイの法則

  • 「速度が速いと圧力が下がる」でいいと思う。
  • 前提条件が「非粘性」「非圧縮性の理想流体」
  • 「天翔ける龍の閃き」がその原理を使っています
  • 手でもったA4用紙に息を吐けばわかる。
    • 子供が喜ぶ実験
躾に使える理論

余談だが、子供に「線路・道路から離れなさい」と教える時の理屈として最適。どうして「ギリギリでは駄目なのか」の証明になる。

作用・反作用の法則

  • 別名「運動の第3法則」
  • 「押すと押し返される」でいいと思う
  • 大きさが等しく、向きが反対で、同一作用線上
  • 但し「押す」「押される」は同時にでる。時間差は無い。
  • 宇宙で浮遊物を押せばすぐわかる。お互いふわぁ~

慣性の法則

  • 運動の第1法則
  • 止まっている物体は外力がなければ止まり続ける。
  • 動いている物体は外力が無ければ動き続ける。(等速直線運動)
  • 無重力空間がわかりやすい。押せば一生進み続ける。
  • バス・電車もわかりやすい。
    • 動く乗り物、止まる乗客。
    • 止まる乗り物・動く乗客

運動の法則

  • 運動の第2法則
  • 物体に力を加えると加速度が生じる。
  • 加速度と力は比例する。

揚力

  • 飛行機を押し上げる力
  • 流体中に置かれた物体に対して「流れの方向に対して垂直」に働く力
画像にしたらこういう事

仕組み自体はシンプルだ

引用:youtube

遠回りする側の空気はその分速度が速くなるから、結果的に圧力が下がってしまうという事。

これは見た方が早い

濡れたら摩擦係数が下がる理由

  • 隙間に水の分子が入り込み表面がつるつるになるから。
  • ハイドロプレーニング現象って事でいいんじゃない?
  • 「濡れたら」という言い方がややこしい。厳密には「濡れて、隙間に水分子が入り込んでつまりを起こした場合」である。

キャスター角

  • フロントフォークの傾きの事
  • 地面との垂直線との間の角度

ジャイロ効果

  • 自転の角運動量が大きいほど姿勢を変えにくい性質
  • 作用反作用日本人

応力

物体に外力が加わる場合、それに応じて物体の内部に生ずる抵抗力。

せん断応力
  • 別名「シャー応力」
  • 力の作用面の法線の向きと力の作用方向とが一致しない応力成分
  • 物体内部のある面と平行方向に、その面にすべらせるように作用する応力
まだ勉強が必要だな

引用:https://md-study.com/stress/

これはとても大事な気がする。

その他

  • ボールを頭の上に→ボールの重心を支持基底面に
  • 長いものの方が楽→倒れる速度が遅い
  • 重心が支持基底面より遠いほど、慣性が働く ??
  • ハンモック事故は2,000人/年

関連記事

  1. 皆!塾長のご尊顔が拝めるぞ!

  2. コロナウイルス騒ぎでマスク高値に

  3. 筋損傷と損傷筋の筋トレの小ネタ

  4. 軸圧負荷と骨折治癒過程の関係

  5. 向精神薬についての基本的な事

  6. ハイブリッドトレーニング