ジャンプの有名な編集者の言葉「ドラゴンボール」

全国800万人のハッシーファンの皆さんこんにちは。摂津/吹田/千里丘でヘルニアや坐骨神経痛でお困りの方はお気軽に。粒コーンです。

dummy
粒コーン

意外な記事があった

今日は何かで見つけた記事についてです。少年ジャンプの伝説の編集長のインタビューでした。

意外だったのはこれ

状況が良くないときに新しいことを試みることはあっても、うまくいっているときに新しいことは、極力やりたくないのですよ。

悟空を成長させるか否かの時に「少年のままでいい」と編集部は考えたそうです。「成長」によって読者が離れるリスクがあったから。

dummy
ツブコーン

意外にもガチガチの保守派なんだ

ベンチャー気質に溢れているのが編集部だと思っていたので、僕には結構なカルチャーショックでした。

でもよく考えた「バトルもの」のパターンは完全に一致しているのも少年ジャンプだし「そらそうだろ」という事か。

僕らは駄目だぞ

状況が良い時は「別の何かを育てる時」だと考えましょう。それをしない少年ジャンプは「引き伸ばし」が蔓延したという弊害もあります。

dummy
ツブコーン

先行投資です

状況が悪くなってきたら「温めてきた次の一手」を投入し打開を図る。成功に安寧していたら必ず足元を掬われます。

 

関連記事

  1. カテゴリ整理再び

  2. 君は知っているか、ラ・ネージュには公式HPがあることを!

  3. さぁ、山に登ろう

  4. 2週間で3㎏痩せた

  5. 農作業しようぜ

  6. 色んなリーフレット