助け合う気持ちが必要である

今年も「いじめ」や「セクハラ、パワハラ」のニュースが数多く報道され、当事者、関係者でないテレビの視聴者も含め、「なんでそんな事をする必要があるのか?」と情けない気持ちに陥ったことでろう。
むかしの言葉で言えば「村八分」とかになるのだろうか、昔からもそういった個人を排他するいじめはあったが、近年ではより陰湿になってきているようである。
「島国根性」とかいう言葉もあるが、大陸の人間でもその人種、または個人の性格などで仕方がないのだろう。
こういった性格の歪んだ、人をあまり信じない人間の施術はやっかいだ。
すべての人間が同じ考えで、同じ方向に向かっているというのも恐ろしい。

志塾には特にいじめなんてない

当たり前だが塾生は志がほぼ同じなのだろう、みんな仲がよい。
写真ではいじめにも見えなくないが、むしろお互いに協力しあっている。
来年度から来る新塾生も安心してほしい。

今年基礎科と臨床科での合同実技授業で手根骨、手首のアジャストメント練習風景。

いじめているというより、むしろ喜んでいるようにも見える。

練習中におかしくなってしまっても大丈夫。

ゴッドハンドが近くにいるじゃないか。
少々おかしくなってしまっても、一発で解消!

塾長が出してくれるお茶は自由に飲んでいいことになっている。

投稿者プロフィール

takahiro arikita
takahiro arikita志塾の広報宣伝部長
志塾とは関係のない内容が多いブログだが誰が見ているんだろうな?
https://www.facebook.com/takahiro.arikita

関連記事

  1. 安全なT1・C1矯正/台と座位

  2. 「下手くそ」と言われた男

  3. 講師は特別なマスク着用

  4. 志塾年間流行語大賞は

  5. 目指せ、全国制覇!

  6. 早くもアジャストメントの練習