日本IWC脱退、商業捕鯨再開

一部の鯨種が絶滅の危機に瀕したことを受けて、商業捕鯨は1986年、IWCによって禁止され。
日本政府は2018年12月20日、商業捕鯨を再開するため国際捕鯨委員会(IWC)を脱退する方針を固めたと報じた。

和歌山県では鯨肉はふつう

一部の鯨種が絶滅の危機に瀕したことを受けて、商業捕鯨は1986年、IWCによって禁止された。
商業捕鯨ができなくなり、調査捕鯨で限られたクジラの抜くの消費量は激減した。
かつては小学校の給食なんかでもおなじみ定番だった「鯨の琥珀揚げ(竜田揚げ)」も姿を消してしまった。
今の小学校の子供達は、給食で鯨の代用品に何を食べてきたのであろうか?

捕鯨発祥の地と言われている和歌山県の太地町、及び紀南地方では、今でも鯨肉が販売されているのは当たり前、マグロ、鯨肉はふつうに食べるものである。
和歌山市内のスーパーでも、時々調査捕鯨でとれた鯨肉が販売されているが、今の若い世代はあんまり食べないのだろうな。

投稿者プロフィール

takahiro arikita
takahiro arikita志塾の広報宣伝部長
志塾とは関係のない内容が多いブログだが誰が見ているんだろうな?
https://www.facebook.com/takahiro.arikita

関連記事

  1. 和歌山市和歌浦不老橋

  2. 紀州は梅、桜が咲いている

  3. 和歌山県民手帳

  4. 川湯温泉「仙人風呂」

  5. 和歌山県ミカンは全国1位

  6. 白浜「崎の湯」再開