名作には続編があったのだ

年間ベストおもしろ動画「○○の楽園べいびー」には続編があった。
名作、ヒット作には続編がつきものだ。
「男はつらいよ」並に48作続いたらいいのだけど、そうそうネタがない。

「続・反動と煩悩の○○べいびー」

2018年9月23日の午前志塾実技授業、一人づつ骨盤のアジャストメントを披露する。
主演はもちろんこの人である。

このような実技授業は、全員がその一点に注目する。

少々緊張もするのだろうが、日頃練習をしていることをそのまますればいいだけである。
このときに煩悩は捨てよう。

たぶんそのようなことが心の中にあったのであろう。

患者をセットしてから絞ります。

塾長は見本をを見せる際、絞りが「来ました」というけど。

最初から無心でお願いします。

しかしアジャストメントは反動を加えててしまった。

開き直る男。

みんなの期待通りのアジャストメントを披露した。

塾長は「皆さんどうですか」と問うけど。

・・・・・・・・答えようがない。

見ての通り、期待通り、反動と煩悩のアジャストメントであった。

練習の相棒は「さすがや」と納得するが、これでは日頃の練習が何にもならない。

まだまだ卒業までは時間がある、来年こそは。

「煩悩と反動を捨てろ!」
こんなサブタイトルの「楽園ベイビー」シリーズが作れそうだ。

動画はまだまだ長いのだけど、このへんで続編はおしまいにしよう。

投稿者プロフィール

takahiro arikita
takahiro arikita志塾の広報宣伝部長
志塾とは関係のない内容が多いブログだが誰が見ているんだろうな?
https://www.facebook.com/takahiro.arikita

関連記事

  1. 「下手くそ」と言われた男

  2. 助け合う気持ちが必要である

  3. USBポート知ってますか

  4. 今年の志塾の漢字は

  5. カイロプラクティック志塾5年目

  6. 講師は特別なマスク着用