陽気なオヤジが出迎えた懇親会は「鳥せい」

志塾今年の締めくくりの懇親会は、この日初めて知ったのだけれど、午前11時から焼き鳥の「鳥せい」というところであった。
スタッフはもちろん(今年からスタッフと言う名称になった)塾生たちも初めて行く店である。
陽気なオヤジがお出迎え、あれ!!見覚えがあるよく似た人が・・・

平成最後は「鳥せい」懇親会

この店は午前11時に開店するらしいが、なんだこの行列は!
近所を通ったりするけど、お昼の時間は初めて来る。
伏見稲荷か年末ジャンボ宝くじの発売日のような行列がすでにできている。

京都では常時、盆と正月が一緒くたになって来ているのであろう。
和歌山の平日の昼飯時なんかでは考えられない光景が目に入ってきた。
しかし我々は予約してあるので、かなりあやしい出で立ちの、陽気なオヤジの手引きで、並ぶことなく店内の予約席へと入ることができた。

ラ・ネージュの枯木灘ワインの乾杯に続いて、懇親会は4期生のリーダー渡辺一貴先生の音頭でかんぱ~い。
その前に乾杯している気の早いヤツも横手に写っているが、塾長もすでに乾杯している。

酒飲み、酒飲まないものが混在する志塾、絶対的酒飲みチャンピオンはやはり橋爪塾長であろう。

このテーブルはアルコール摂取が多いテーブル。

焼き鳥がメインの店なので、鳥がメインなんだろう、牛とか豚はでてこないだろうと思われるコースが、忙しいのかホンマにボチボチと運ばれてくる。

この鳥のスープのお椀は、最初から穴が空いていたのか、スープがザザ漏れであった。
言ったらすぐに変えてくれたけど。

焼き鳥がでてくる前に、鍋みたいなのも点火して炊いてしまった。

でてくるのはやっぱり焼き鳥がメインだ。

5期生グループはうちにはでてこないメニューもあったが、アルコールを飲まない人たちは、アルコールの代わりなので何ら問題なし。

めずらしい1アルコール飲まない人も飲んでいる、ノンアルなのか定かではないが。

というわけで、午前11時から約2時間と思っていた懇親会予約は、3時間経過して午後2時に終了。
これで終わらない志塾懇親会の2次会はまだまだ続く~。

「鳥せい本店」アクセス

酒蔵の中で味わう、鶏料理と京・伏見の地酒。
大正年間の酒蔵を改装した広い店内で味わう多彩な鶏料理と、蔵元直営ならではの日本酒が気軽に味わえるお店。
焼き鳥140円~、蔵出し原酒430円、お昼のお弁当750円~(平日はコーヒー付)と気軽に味わえ、酒蔵の中でゆっくり落ち着けるのが特筆!
鶏は、宮崎日南鶏、酒は、創業延宝五年の老舗酒蔵 山本本家直営店、特に原酒とたれ口、冬場だけの搾りたて新酒は口当たり最高である。

予約可:050-5868-4951
予約していくほうが絶対いい!
場所:
京都府京都市伏見区上油掛町186
交通手段 :
京阪伏見桃山駅下車徒歩約7分
近鉄桃山御陵前駅下車徒歩約9分
営業時間 :
[火~金]11:30~23:00
[土日祝]11:00~23:00

投稿者プロフィール

takahiro arikita
takahiro arikita志塾の広報宣伝部長
志塾とは関係のない内容が多いブログだが誰が見ているんだろうな?
https://www.facebook.com/takahiro.arikita

関連記事

  1. 大中ラーメン店と寺子屋授業

  2. 名代とんかつ・かつくら

  3. 「ラーメン大中」ネギ多い編

  4. 焼き肉・肉料理・但馬亭焼肉丼

  5. 麺場田所商店

  6. 伏見のうどんも旨い「饂の神」