誰に負担が向かうのか

治療業界は。。。今!

  • 施術時間は短縮化
  • 通院回数は長期化の傾向

理屈としてはこんな感じ!

  • 長い施術は身体の負担になる(長期通院は負担にならないらしい)
  • 職人は短い時間で仕上げる(沢山の施術回数はいるらしい)
  • 最初はすぐ戻るから詰めて通うのが大事(すぐ戻るくらいの浅い刺激とは言わない)
dummy
ツブコーン

これが「患者教育」である。

おぉ、負担よお前は何処へ行く

「患者さんの時間と財布」

相手に損を押し付ける商売はなるべく控えよう。

dummy
粒コーン

関わる全員がハッピーになる形を。

関連記事

  1. O脚の人がやってきた

  2. 「世界の最新医学が証明した 究極の疲れないカラダ」 -世界最…

  3. 【粒コーンの夏対策3】扇風機の風を拡散

  4. 志塾の内なる神宮を呼び寄せよう。

  5. 皆、新しい写真が入ったぞ!

  6. カイロプラクティック志塾のサブブログを復活