和歌山の柿は沖縄にも

和歌山の人は柿なんか買わない、もらうものだ。
ミカンもそうだ、自分で食べるぶんは買わない、誰かがくれる。
ちょっと畑や田んぼが近くにあるところだと、野菜もタダでうちの前に置いていってくれる。

生産量日本一和歌山の柿

柿もミカンも梅も生産量は日本一の和歌山県。
一時期ミカンは愛媛県なんかに日本一の座を奪われていたが、奪回している。
今後は生産者の老齢化とともに減少していくかもしれないが、農業の未来は外国人に頼らなくてはならない状況が起こっている。
和歌山の柿は、京都なんかでもたくさん出荷されているが、沖縄県にもたくさん出荷しているようだ。
南国沖縄には柿を生産しているイメージがない、やっぱり南国のフルーツだろうな。
沖縄のイオンには和歌山の柿のコーナーがこの時期設置されている。
関係者の話では、和歌山県から沖縄に出荷している物は多いそうである。

それとは関係ないけど、さすが沖縄、泡盛のコーナーは充実している。
焼酎もおいているところもあるけど、圧倒的に泡盛が多い。
今の泡盛って飲みやすくなっているからな。

沖縄の海

さすが沖縄の海の色は沖縄の色をしている。
和歌山の紀南地方の海の色ともまた違うカラーである。

こういう海に面したチャペルも、仏教徒であっても入れる。

国際通り

那覇の国際通りも、修学旅行シーズンになると、和歌山の修学旅行の生徒でいっぱいになる。
今や和歌山の修学旅行は、九州を超えて沖縄が主流になっている。
外国に修学旅行なんてのも、とっくのむかしから当たり前。

沖縄のファミマ

沖縄のコンビニのファミリーマートは、なんとなく外観が本土とはちょっと違う。
コンビニに限らず、交番でもなんでも沖縄らしい外観、建物になっている。

ここにも和歌山のカップ麺が置いてある。

季節によってなのだろうか、和歌山コーナーなんかがあり、写真の物以外にも紀州南高梅のおにぎりや、その他諸々の和歌山商品が置いてある。
なんで沖縄まで来て、和歌山のグッズを買ってしまったんだろうか?
和歌山ではあんまり売ってないし、見かけない和歌山グッズがある。

沖縄の夕日

なんで紀州のカテゴリーなのに沖縄の夕日なのか。
そんなことはどうでもええけど、観光に来た人は、運が悪いのかなんなのか、めったに夕焼けは見ることがないようだ。
地元の人にとっては、珍しくはないんだろうけど。
沖縄に行ったら必ず夕日が綺麗だと思っていてはいけない。

投稿者プロフィール

takahiro arikita
takahiro arikita志塾の広報宣伝部長
志塾とは関係のない内容が多いブログだが誰が見ているんだろうな?
https://www.facebook.com/takahiro.arikita

関連記事

  1. 日本IWC脱退、商業捕鯨再開

  2. 新型コロナウイルスでマスク売り切れ

  3. 和歌山市和歌浦不老橋

  4. イチゴ収穫

  5. 和歌山県立美術館の噴水

  6. 寒緋桜も梅も木がない