USBポート知ってますか

1年なんてあっという間、基礎科は修了試験、臨床科は卒業試験の日がやってきました。
基礎科実技試験は、まあなんとか全員受かると思うけど、筆記テストがどうなるか?
臨床実技テストは更に難しい、4期生は1回で合格するのか?

基礎科の筆記テストにプレッシャーを与えるために、前日の夜まで、LINEで問題に出るか出ないか不明の解剖図なんかを送り続けていたが、悪あがきにも近い一夜漬け勉強なんかしていたのだろうか?
テストに受からないと、ここのブログを書いてもらう条件をつけた。
筆記テストは不合格でもブロガーになれば許してやろう。

基礎科の塾生たちは、除霊ツアーのあとどうしていたんだろうか?

プレッシャーなどないのだろう、きっとテストのことなど忘れていたに違いない。

ふつうは少し痩せたりするのだが。

このような情報がLINEから伺いしれた事を報告しておく。

ということで、テストをせずとも二人がブロガー宣言した。

午前基礎科実技テスト

この日5期生の基礎科の塾生は、始まる前に早くから来て、悪あがきのような練習を繰り返していた。
午前9時からも30分間さらに練習をする時間を与えてもらい、すでに疲れてしまったのではないか?

このような事前工作が行われていたかどうかは不明である。

打ち合わせ通りなのか、着々と一人づつ実技テストは進んでいった。

キャタピラーの際の、ボードにタオルを敷いた点は、審査の親分の塾長はどうか知らないが、私はこれにプラスの採点をつけた。

近すぎる、なぜ真ん中のサービカルチェアーで行わない。
これにはマイナスの採点をつけた。

ラストの彼が、何点なのか点数ははっきりしないが、この日の最高得点を出した。

このあとは一人づつ実技の問題点と、合否を言い渡されるが、全員無事合格した。
「こんなん全員合格するようになってんのちゃうん」とお思いの人もいるかも知れないが、そんなことはない、けっこうきびしい塾長の採点。
このあと余った時間は30分ほどだったが、なぜ早くから来るか午後から試験の4期生、試験なので来る予定のないつぶコーン講師も来ている。
みんなここが好きなのであろう。

午後基礎科筆記テスト

中間テストの際、5期生を甘く見ていて、事前にプレテストをして、同じ問題を出したところ、丸暗記されてしまい、早いものでは約10分程度で終わってしまったので、今回は少々めんどくさいこの図は何であるかの図択にしたのであるが、無駄であった。
せめて1時間はテストで座っていてほしかったので、問題づくりが半分で力尽きてしまい、半分は同じ問題にしてしまった結果、あっという間に終了してしまった。

今日でラストの5期生午後の様子であるが、ここのところ毎回お菓子なんかが用意されている。
なんと和やかな午後の授業、この日は筆記テストなのに。

問題のラスト100問目は一発逆転問題「橋爪塾長の生年月日は何年何月何日か」にしてある。

一発逆転問題の曖昧採点を使用することなく、全員が70点以上の合格点であった。
しかし不合格ならブロガーになると宣言した2名は来年からブログを書いてもらおう。
ホームページ担当の中村つぶコーン先生、彼らにパスワードなんかの手続きして下さい。

前回動画コピーが持参したパソコンではできなかったので、ハードディスクを預かっていき、うちでコピーしてきたが、また一人この日コピー依頼があった。
どこかの大臣のようにUSBなんか知らないのに、ハードディスクを購入してきている。
パソコンも触った事ないのに・・・・
「USBは知っております、そんなに詳しく、詳しくね。」
「USBポートがわからないって言ったらコミニケーションが成り立たない。」
「私一人がやるわけじゃない」
「私より有能な人間でもいろんな能力を総結集してジャッジしてやるのが私の仕事。」
「判断力は私は抜群だと思っております。」
などと言っていた。
きっと誰か有能な人がいるんだろう。

臨床科修了テストは

4期生の修了テストは、再テストの塾生もあったそうだが、こちらも全員合格。
意外な人が(失礼ですけど)90点の高得点で一発合格だったらしい。

なんなんだ、なんでテストの日なのにテストと関係のない人も大勢来ている。
なんかにぎやかに終了した今年最後の志塾でありました。

来年度は今のところ10名程が6期生として来る予定だし、5期生も2年目も辞めない。
何人か途中で脱落して辞めていくで、と言い続けていると辞めないみたいだ。

来年度からは、筆記テストのヒントは出さないことに決めた。

投稿者プロフィール

takahiro arikita
takahiro arikita志塾の広報宣伝部長
志塾とは関係のない内容が多いブログだが誰が見ているんだろうな?
https://www.facebook.com/takahiro.arikita

関連記事

  1. 講師は特別なマスク着用

  2. 安全な頚椎と後頭骨矯正

  3. 5期生大人数の志塾

  4. 全国制覇は近いかも

  5. 助け合う気持ちが必要である

  6. 紀州のドンファンってだれ?