胸椎チェスタードロップ

2018年3月11日、この日は、朝から城南宮まで、しだれ梅を見に行っていたので、遅くなってしまったカイロプラクティック志塾の午前中授業。
しかし、わたくし一人が遅くなったって、午前9時から始まる授業。
遅れて到着しても、あまり影響はない。

午前基礎科実技授業

この日の志塾の基礎コースは胸椎のチェスタードロップの練習だったようだ。

ヘビー級クラスでは、手のひらと指が潰れてしまうんじゃないか。

講師の中村先生は、株式会社喜多の「くつたろう」を愛用。
へんに脱いだり履いたりやりにくい靴なんかより便利な作業靴
滑らなかったらスリッパが便利なんだけど、スリッパを愛用しているものは、わたし以外に誰もいない。

お茶はいつも用意してくれています。

みんないい靴はいてきてるね。

外食組昼ごはんへ

12時30分外食組に4期生の佐藤先生が間に合った。
佐藤先生が希望するサラダの店はこの時間並んでる人気店、この日もパスした。
京阪伏見桃山駅下車歩いて3分
営業時間:
午前11時30分~午後9時
定休日:
水曜定休

この日はうどんの「饂の神」へ。
この様子は、「饂の神」のページで詳しく紹介。

午後1時30分頃には、サンチェはもう空いてる。

午後寺下塾神経の絞扼

午後基礎コース、今年始めて準レギュラーの和歌山県海南市の海南カイロプラクティック院寺下先生が参加してくれました。
今回は早く帰るということなので、とりあえず先にワンポイントの講義をしていただきました。
仙結節靭帯、内閉鎖筋の奥にある神経の絞扼を開放する説明と実技。
説明が短すぎたのですぐに実技。

寺下先生は今回午後2時過ぎまでの参加でした。

志塾の動画の処理めんどくさいな~、という理由で、今回ないかもしれません。

今回はプロジェクターで用意した資料がたくさんあったのですが、寺下塾の実技後に、再び座っての授業も何なので実技のみです。
たまたま良性発作性頭位めまい症の人があったので、その実演。
その後は塾生が希望するテクニックなど。

臨床授業も毎回卒業生が何名か参加しています

というわけで3月11日の志塾授業は終了。
この日は大相撲大阪場所が開幕したのですが、かえろう。
写真は南海電鉄加太線のめでたいでんしゃ

次回は3月25日第4日曜日、ソメイヨシノも開花宣言されていることでしょう。
伏見桃山城跡の公園ではけっこう桜が植えてあるらしいです。
授業前の花見といいうのもええもんです。
その次は変則で第1日曜日の4月1日ですのでお間違いのないように。

投稿者プロフィール

takahiro arikita
takahiro arikita志塾の広報宣伝部長
志塾とは関係のない内容が多いブログだが誰が見ているんだろうな?
https://www.facebook.com/takahiro.arikita