志塾ロケット・~ゴースト~

「もういくつ寝るとお正月」の唄も聞こえてくる季節になると、朝はちょっと寒い2018年10月の28日。

今年は御香宮の神幸祭が終わってしまっていた。

神社からも聞こえてきた、火災報知器の音は、ファミマの近くのマンションだった。

午前基礎科授業

前回に続いて、今回も見学者が一人、これで来期の6期生は10名となった。
ホンマに全員来るんやろうか?一人づつ話した感じでは、全員参加すると思っています。
この日の志塾午前基礎科実技授業は、今までの総復習の練習です。

修了試験に備えて、橋爪塾長がモーションパルペーションからアジャストメントまで実演してみせます。

なぜかスマホで撮影していますが、あまり意味がない行為。
あとで動画なんか見たってわからないからです。

基礎科を終了した面々も、熱心に午前中から橋爪道場へ来ている。

さすがに1年近く経過すると、最初の頃とはぜんぜん違う、上達している。

日本でもハロウインの行事が定着してしまった昨今の世の中。
ユニバの影響なのか、大騒ぎして、迷惑な行為を行なう若者達もいる中、ホンマもんのゴーストなんかも現れるところもあるらしい。

事業が忙しくて、久しぶりに現れた4期生にでも、塾長は優しく施術を施してくれる。

塾生の一人が、授業をサボって教室にいない間に、椎間関節症候群の説明が始まった。

サボっていた塾生を呼び戻しにいったので、途中から聞いたのだけど、たぶんそうなんだろう。

橋爪塾長の施術所「スペース療」では、ビフォーアフターの写真を撮影する。

予告もなく、突然このような貴重な時間がやってくるので、さぼってバックレたりしないように。

前回からぶら下がっている、この釣り糸はなんだ?
塾長が一番好きな釣りにいけないので、ここで何かを釣ろうとしているのか?
この釣り糸に、誰も問いただすものがいないので、今回も謎のままであった。

モーションパルペーションの際に、鏡が近すぎると、このような事になってしまう。
椅子(ペルビックチェアー)と鏡の距離に注意しよう。
あまり激しく前屈してしまうと、鏡も頭も割れてしまうかもしれない。

このあとで、もっと頭を打つことになるかもしれない前触れであった。

「蔵」の焼き肉定食

久しぶりに参加してくれた川原先生と他4名の合計6名で昼ごはんの外食ツアーへ、歩いて約15分。
香川県の川原先生は、毎日1食はうどんなので、昼メシにうどんはパス。
焼き肉の「蔵」で焼肉定食。

焼肉定食の肉に、当たり外れがあって、わたくしの肉は比較的柔らかかったけど、ハズレの肉はけっこうスジっぽい肉だったようだ。

午後基礎科授業

誠に申し訳ない今年の午後の授業だったが、来年はちゃんとやります。
今年の4期生は、面白かった分勘弁してください。

この後ベッドで実技授業あれこれ。

午後臨床科仕置き

昨夜午前3時まで忘年会で飲んでいて、遅刻した塾生にはお仕置きが・・・
いや、座位での頚椎のアジャストメント。

特に面白いことをするわけでもなかったこの日。

後輩の面々に、「皆さん良いお年をお迎えください」と丁寧に挨拶をし、四国の親分は去っていった。

京阪淀駅、この日の競馬はすでに終わっていた。
東京では天皇賞だったみたいだけど。

ハロウインが楽しみな、「筋膜整体院ゆこう」へ、みんなそろってゆこう。

10月29日午後1時、JAXAと三菱重工業は、温暖化ガス観測衛星「いぶき2号」を載せた主力ロケット「H2A」40号機を種子島宇宙センターから打ち上げた。
「いぶき2号」は2009年に打ち上げた温暖化ガス観測衛星「いぶき」の後継機で、開発費215億円で、JAXAと環境省、国立環境研究所が共同で開発し、三菱電機が製造。
CO2、メタンを測るセンサーを備え、温暖化ガスの排出を宇宙から監視する。

投稿者プロフィール

takahiro arikita
takahiro arikita志塾の広報宣伝部長
志塾とは関係のない内容が多いブログだが誰が見ているんだろうな?
https://www.facebook.com/takahiro.arikita

関連記事

  1. 安全なT1・C1矯正/台と座位

  2. 名作には続編があったのだ

  3. 座位頚椎やらなきゃ意味ないよ

  4. X-ray分析前半・赤いタオル鉢巻男

  5. 今年の志塾の漢字は

  6. 胸椎チェスタードロップ