向いていない男が辿り着いた頚椎の結論※2番以下

※頚椎矯正は2019/09/22に更に進化した!

それはドクターズポジションだった

橋爪ロータリーにとって重要な事。それは「姿勢」だった。

今までの僕はヘッピリ腰だったのである。

  1. 【大失敗】患者さんの頭部を中心軸にして円を描いていた
  2. 【大成功】患者さんの頭部を中心軸にして自分の重心を重ねる

手首がどうだとか足の位置がどうだとか、それは些末な問題だった。

骨盤の様に自分の懐にCPを呼び込めないので、自分の懐をCPに被せてしまえばいいだけだったのである。

手元を確認しようとすると、自然と腰は引ける。CPと重心が離れる。そうなると頭部を手首と前腕で支える事になる。これではもう無理だ。

これは骨盤や胸椎でも起こっている悲劇である。

私は悟った。

「正しいフォームは何も迷う必要がない程、1つの方向と角度に力が集約されていく」ということを。

この悟りを開いた途端に、頚椎が楽しくなってきた。触りたくて仕方がない。

人間という生き物はなんて現金なんだろう。

何てことはない、骨盤だって胸椎だって同じこと。

この問題は頚椎に限ったことではありません。胸椎も骨盤も腰椎も同じです。

そうなんです。橋爪テクニックなら何でも当てはまるポイントでした。

3年目も終わろうとするこのタイミング。私は「スタート地点」に戻ってきたのである。

関連記事

  1. 「向いていない」男シリーズ:目指せ二の腕ブルンブルン

  2. 令和一発目の頚椎矯正のアップデート

  3. 部屋とYシャツと矯正音

  4. 「向いていない」男シリーズ:頸椎編

  5. 頚椎矯正の備忘録

  6. 「向いていない」男シリーズ:骨盤・腰椎編