伏見稲荷神社

伏見稲荷神社

4年間伏見には来ているけども、伏見桃山付近しか行ったことはないので、京阪電車の数駅向こう、伏見稲荷に行っってみた。
外国人に4年連続日本一人気の伏見稲荷神社、幼い頃には、来たことがあるらしいが、全然記憶にない。
この日は、2017年12月10日、京阪伏見稲荷駅は、そんなに観光客が多そうでもない、観光シーズンではないのか?

伏見稲荷駅のトイレはキレイ、キツネのマークが壁にある。

京阪の駅から線路を超えて、中華圏の観光客団体とともに、正面より左手の方向から歩いてみる。

時間はまだ午前8時を過ぎたところ、両脇に並ぶ店は、まだほとんど開いていない。

屋台も出ていて、祭りの雰囲気もある。

テレビでよく見るスズメの丸焼きはどこに売っているのだろうと、キョロキョロしていたが、やっと伏見稲荷が見えてきた。

正面から撮っていないが、これが正面の大鳥居。

正面から見たら大きな神社だ。

こういうところの中の方は、写真撮影が禁止だと書いてあるが、みなお構いなく写真を撮っている。

この千本鳥居(千本どころやなく果てしなく多い)が外国人に人気らしい。

道が二手に分かれている、登道は一方向だけではないようだ。

中腹よりは上にまで上がってきただろうのスペースで小休憩、頂上まではかなり遠い。

ここからも登っていく道は、3箇所に分かれていて、何回も来てるから、何でも知ってるガイド並のオジサンが、観光客に説明をしていたのを聞いて、上りが急だが距離が短いコースを選択。

ここが頂上らしい、走って駆け上がってきたので、息が切れた。

天気も晴れてきたし、師走の京都は寒いという思い込みで、ごついジャンパー着てきたが暑い、ニット帽も汗。
キツネではなく、やたら猫が多い伏見稲荷の参道。
頂上までの時間がわからないので、ほぼ駆け足で1時間もかからず降りてきた。

JR伏見稲荷駅からは、まるで正月の初詣のような人々が、神社に向かって押し寄せている(写真は逆方向)
晴れ着を着た女性もいるし、やっぱりこれはちょっと早い初詣か。

JRには乗らなかったが、JRだと、ここ伏見の駅で、50~80%の乗客が降りるみたいです。

投稿者プロフィール

takahiro arikita
takahiro arikita志塾の広報宣伝部長
志塾とは関係のない内容が多いブログだが誰が見ているんだろうな?
https://www.facebook.com/takahiro.arikita

関連記事

  1. 竜馬通り