志塾3,4期生修了式

いつの間にか、志塾のこと以外の記事が増えたブログ。
個人的な京都の行事、伏見の見どころ、近所のお食事処の紹介。
4年間も続いたJUGEMのブログは終了して、来年度から、新しい志塾のホームページの中のブログに引っ越します。
2017年12月10日、志塾は3期生の卒業式と4期生の基礎科修了式。
欠席の予定だったが、東京の卒業生の先生より、いま京都駅に来ているとLINEが入った。
たいした予定もなかったので、サプライズのつもりで伏見へ行くことにした。

志塾3,4期生修了式

基礎科と臨床科の2年間は、あっという間に過ぎる。
この日は、修了式&卒業認定式。
2年間の橋爪塾長の指導を受けて、臨床試験に合格した塾生は、認定書を授与されます。
認定書自体は1枚の紙なので、なんの効力もありませんが、橋爪塾長より指導を受け、施術についての考え方、臨床検査の診かた、習得した安全なテクニックは、卒業する施術者たちにとって、必ず役に立つと思います。

式典がはじまって、しばらくしてから、サプライズ登場予定だったが、意外と早く着いてしまった。
今朝「卒業式はタキシード着用です」、とLINE連絡したけども、3期生はみなスーツに着替えて出席。

それにしても卒業の3期生は、今までの塾生より、異常にしつこく熱心な人達だった。
最初5名だったが、事情により1名が来れなくなったが、4名は2年間をほぼ休みなく通った。
1年目は、関東から深夜バスで京都駅に午前6時に到着するため、7時にラ・ネージュを開放してもらい、7時から9時まで練習していた。
9時から12時30分まで午前基礎コース授業をして、それも時間どおりには終わらない、外食に行く時間が減るのに、言わないといつまでもやめない。
午後5時終了だが、6時頃まで練習を繰り返していた。

非常に仲がよく、リーダーを中心に、技術などを互いに教えあったり、情報も交換していたと思う。

私は知っていたが、サプライズで卒業する3期生から、講師3名にネーム入りの志塾ユニフォームのプレゼントがありました。
全く知らされていなかっただけに感激する塾長と、月一回参加して指導してくれる海南カイロプラクティック院寺下先生。

式の最後はタイマーで記念撮影。

午前11時からの式だったので、懇親会まで時間が長かったが、このあとは授業みたいになってしまった。
武田先生は、だれかを羽交い締めにしている。
来年度は、卒業生を含めた臨床セミナーを計画しているような発言があった橋爪塾長。
各先生のオリジナルテクニックを持ち寄っての勉強のようなセミナーなのか。
志塾授業以外に、そんな日曜日を設けたら、塾長の一番楽しみの釣りの日が減ってしまう。
たぶん行わないだろうと予想する。

午後2時から「梅の花」で懇親会、2次会、3次会と続いたそうですが、参加してないので、詳細はわからない。

御香宮神社前の「桃山餅のみたらし団子」はつくり手が高齢なのか、後継者がいないのか、今年いっぱいでみたらし団子は終了するらしい。
一回も食べたことがないけど、地元伏見のソウルフードだったようだ。

ラ・ネージュ付近の食べ物屋さん、yomoyukiマップ、来年はどこへ食べに行こうか。

2次会は、「べんがらや」のおでん。

また来年、良いお年をお迎えください。

投稿者プロフィール

takahiro arikita
takahiro arikita志塾の広報宣伝部長
志塾とは関係のない内容が多いブログだが誰が見ているんだろうな?
https://www.facebook.com/takahiro.arikita

関連記事

  1. 中間テスト直前練習

  2. 京都伏見御香宮神幸祭

  3. 中間テスト

  4. 修了テスト実技は全員合格

  5. 今年の授業もあとわずか

  6. カイロプラクティック志塾4期生始動