修了テスト実技は全員合格

夜が明けるのが遅くなった2017年11月26日、南海電車、難波、和歌山市間は、11月23日に全線復旧し。た
まだ暗かったが、たぶんこれが豪雨で線路が崩れてしまった男里川の橋。
できたのが明治、100年程経っていたらしい。
南海サザンは無事復旧した橋を通過。

JRを使用しないと、通天閣もハルカスも通り過ぎ、快適な伏見行き電車の旅。

今年最後の志塾は、4期生実技修了テストと、3期生臨床実技修了テスト。
この日の朝の伏見は寒い、この季節京都は寒いし、天気も曇り。

紅葉の季節だが、この日はそう混んでいない。

4期基礎科実技修了テスト

午前中は、4期生の実技テスト、モーションパルパーションからアジャストメントするまでが、きちんとできているか。

モーションパルペーション検査は、仙腸関節、胸腰椎、仙骨、頸椎、後頭骨。

そのうち2箇所ほどをサブラクセーションと仮定して、アジャストメントは寸止め。
寸止めのはずが、アジャストしてしまった人もいたが、上手にアジャストメントできたので、問題はなかった。

前回、この日出席できない1名が合格していますが、結果は・・・・

4期生は無事合格、筆記試験は前回もうすでに合格している。
来期の臨床テストは、こんなもんじゃなく、かなり難しいです。
来期臨床コースは、いまのところ4名プラス1名がすでに予定されている。

見学者もテスト後の授業を募ったのだがが、この日は誰も参加せず、静かな志塾。
午前中の時間も十分あるので、残り時間はテクニックの練習。
橋爪塾長は、その時しか、やらないこと、説明しないことも多いので、参加したら得なのですが。

いまさら、やたらとホワイトボードに書いて覚えようとする塾生。

人数が少ないと、いいこともたくさんある。
塾長に聞き放題、おしえてもらい放題です。

今まで習ったテクニックをさらに磨く。

基礎コースの授業以外の、番外編のテクニックもある。

;

人数が奇数で少ないと、相手にならないといけないので、忙しい。
撮影の動画は少ないけど、動画なんか見たってしかたない、現場で教わるのが一番。

やりだすと皆熱心なので、この日も12時30分まで練習。
歯茎腫れていた、体調不良の美濃加茂さんは早退、お大事に、また来年。

ゆっくり昼メシ探しの外食組

午後からの授業は、この日は自由授業なので、3名で昼メシの店を探す。
ここの店は待たないといけなかった。

この店に決定した。

やっぱり力がつくのは肉なんだろう、ヘビー級の二人は食欲がある。

詳しい内容は別記事に書いてある。

午後臨床科実技テスト

午後からは、3期生の卒業の臨床実技テスト。
これをクリアしないと2年間の修了はできない。

寒いので、テスト控えは1階になった。
3期生は優秀、努力家ばかりなので、この試験対策もバッチリしていたように思うが、修了の臨床テストは難しい。
毎年全員不合格で再テスト、もしくは再々テストしないと合格しない。

4期生授業は、武田先生が頸椎と骨盤、腰椎のアジャストメントを解説。
非常にわかりやすく、来年からやってもらいたいぐらいだった。
武田授業を受けた人はラッキーでした、彼はもう来年は来ません。

3期生は全員一発合格、おめでとうございます。
この日で今年の志塾授業は終了しました。
12月の10日は、午前11時より修了式&認定式。
午後2時から志塾恒例の懇親会。
午後5時からは、二次会の予定になっております。

なんやかんや大変な問題が発生した大相撲九州場所は、横綱白鵬が40回目の優勝。
しかしなんやかんやの問題は、まだまだ解決しそうにない。

この日の和歌山市は雨だったようだ。

YouTube動画

この日の伏見京阪中書島から伏見桃山、大手筋商店街、御香宮神社周辺の様子。

みなさんよいお年をお迎えください。
来年度2018年は、1月14日第2日曜日午前9時スタート予定です。

投稿者プロフィール

takahiro arikita
takahiro arikita志塾の広報宣伝部長
志塾とは関係のない内容が多いブログだが誰が見ているんだろうな?
https://www.facebook.com/takahiro.arikita

関連記事

  1. 真夏日の志塾、夕方は土砂降り

  2. 寒い、冷える冬のカイロ志塾

  3. へんな悟空登場の志塾

  4. インフルエンザで来た男

  5. 盛りだくさんテクニックの志塾

  6. 中間テストモーション徹底練習