検査の先にある新たな山

確かな検査を追い求めて3千里

確かな検査を求めてコッソリ検査を練習していくと段々と「あ、これや」とわかる様になってきます。検査の末に見つかる「お前やろ」と言いたくなる関節。どう見てもこの骨、この関節が原因やろと。

「俺の橋爪テクニックが火を噴くぜ!」

とドヤ顔でアジャストするものの、何故か「その一本」が動かない。他のどうでもいい関節が景気よく「パキポキ」と鳴ってくれる。

「なんでやーーーーー!」

患者さん:「先生!綺麗に鳴りましたね!気持ち良いです!」

私:「え?ああ、そう?そうでしょ?実はそうなのよ。」

何がそうやねんと思いつつ、かといって「いやー失敗しました。上の骨狙ってたんですけど」なんて口が裂けても言えない。

後は検査だけなんだ!なんて思っていた自分に特大ブーメランが突き刺さる瞬間です。

「スンマセンでしたーーーーーーーーーー!!!!」

検査で明らかな問題箇所を見つけてからの~、その一本が動かせない。そのご近所さんは良く動いてくれる。これは本当にストレスです。

目の前に答えがあるのに、指をくわえて見ているだけ。というか手を伸ばしているのにカスリもしない。

何回かに1回、スパコーンと綺麗に圧が伝わる時がありますが、そんな只のラッキーパンチが更にストレスになります。「わし、これがしたいんや!」と何度嘆いたことか。自分がやった偶然であっても、自分がした気が全くしない。

これでは矯正の度に運命のガラポン回している様なものだ。正にガラポン矯正!

隅っこで矯正の練習を再び始める

  1. ある程度の矯正ができる様になった
  2. そこで、より精密な検査が必要だとわかった
  3. 志塾の隅っこで検査をやり直した
  4. 検査ができる様になった ※ホンマか?
  5. 検査で明らかになった「その1本」が動かせない
  6. 矯正の精度が足りないと知った
  7. 志塾の隅っこで矯正をやり直した ← 今ここ

矯正を学んですぐに気付くと思いますが、「パキポキ鳴らすのは簡単」です。強くしたらいいだけです。でも、それは求めているモノとは全然違う訳で。

求めているのは「最小限の力で対象となる関節だけを開く矯正」です。

そして、その道が遠く険しい・・・・

最近、TVでは「○○沼」なる番組がありますが、これは正に「志塾沼」と言っていいだろう。

画像引用:http://ur2.link/Nptn

投稿者プロフィール

Toshio Nakamura
Toshio Nakamura志塾歴は5年目
大阪府吹田市で「トシオとイクミの俊カイロプラクティック院」をしています。男塾の大豪院邪鬼と同じく「卒業せずに居座る塾生」です

関連記事

  1. 向いていない男が辿り着いた頚椎の結論※2番以下

  2. 「向いていない」男シリーズ:骨盤・腰椎編

  3. 「向いていない」男シリーズ:臨床編

  4. 【再確認】症状が重い人程「絞り(最密位)」で動く。

  5. 「向いていない」男シリーズ:目指せ二の腕ブルンブルン

  6. 4年目の志塾でやっと頚椎が二足歩行を始めた