春の長建寺

伏見の長建寺

京阪中書島駅から徒歩5分ぐらいのところにある長建寺に寄ってみた。
長建寺は、京都市伏見区東柳町にある、真言宗醍醐派の寺院。
寺院の門はなぜだか中華風の朱色の竜宮門。

本尊は八臂弁財天らしい。

朝早いのでか、誰もいない境内、とりあえず拝んでおこう。

宗旨宗派のとらわれず、いろんなことが書いてあるように思う。

京都市が設置した説明の看板、気になる人はアップにして読んでみてください。

濠川沿いに見える月桂冠大蔵記念館。
宇治川から江戸時代の交通網として作られたこの内川沿いは、その昔栄えたところだったようだ。
ここのすぐそばには、蓬莱橋の付近にある復刻版寺田屋もある。
幕末坂本龍馬も歩いていたと思われるこの付近。

濠川は現在工事中、今でも十石舟や三十石船が観光で行き来する。
その川岸の紅梅は満開、春です。

なんとなくいい風景、次回来る時は、桜が開花していることを願う。

長建寺アクセス

所在地:
京都市伏見区東柳町511
京阪本線 中書島駅 徒歩3分

山号:東光山
宗派:真言宗醍醐派
本尊:八臂弁財天
創建年:元禄12年(1699年)
正式名:辨財天長建寺

歴史:
豊臣秀吉没後、徳川3代まで使われた伏見城は元和5年(1619年)廃城後、伏見の町は衰退した。
13代目伏見奉行 建部政宇(たけべまさのき)は、元禄12年(1699年)、壕川を開拓するとき、深草大亀谷の即成就院の塔頭多門院を分離して現在地に移築した。
建部姓の一字と長寿を願いと名づけたのが寺の起こり。
かつての中書島遊郭の一角にある。

投稿者プロフィール

takahiro arikita
takahiro arikita志塾の広報宣伝部長
志塾とは関係のない内容が多いブログだが誰が見ているんだろうな?
https://www.facebook.com/takahiro.arikita

関連記事

  1. 伏見稲荷神社 partⅡ

  2. 桜チルチル中書島の濠川

  3. 御香宮神社神幸祭の神輿

  4. 伏見運動公園の桜はまだ

  5. 御香宮神社・神幸祭

  6. 御香宮神社