演歌が耳に馴染む日

2015年10月25日、カイロプラクティック志塾の授業は、今回を含めて残り3回。
11月22日は1期生も2期生も卒業テストです。
10月は雨がほとんど降らず、昼間は夏日が続いていた近畿地方。
さすがにこの日から気温はやや下がり、木枯らし1号も吹いて、朝はちょっと寒い。

日の出も遅くなった、午前6時30分でこの光景。

この日は、いつもどおりの時間だが、地下鉄御堂筋線も、京阪淀屋橋駅も、到着したら、ほぼ待ち時間はなかった。
飛び乗って、午前9時30分、いつもより10分は早く京阪伏見桃山駅に到着。
電車の扉が開くと、入リ込む風が冷たい気がした、昨日までとはえらい違い。

ひと月前ほどオープンした、近くの接骨院は、日曜日休みやな。

ここへ来るまでの動画を撮影していたりしたので、結局早くはつかず、通常通りのラ・ネージュ到着。
来年度第3期生の募集が始まったので、また動画作ろう。
ここがカイロプラクティック志塾の入り口、志塾以外の日は、音楽LIVE、絵画など展示、落語会、カルチャースクールなどのイベント会場である。

午前基礎科実技授業

9:00 カイロプラクティック志塾、午前基礎科実技授業が始まる。
この日は11月22日の2期生の卒業試験のため、モーションパルペーションからアジャストメントが順調におこなえるような授業。
橋爪塾長の、関節面にある半月板の説明、関節を絞り込むことによって矯正が容易にできることを解説。

この日の写真は、ほぼ撮影しなかったので、動画から作成しています。

モーションパルペーションからアジャストメントの練習です。

この肋横突関節のアジャストメントはむずかしい。

新しいタイプの滑り止め付きの靴下?

たまたま、塾生の中に、喘息がある塾生がいたので。

肋骨、肋横突関節が動いているかの触診。

この場合、右の肩甲骨が下がって、外方に変位している。

この後、肩甲骨アジャストメントの練習。

肩甲骨を引き上げてしまっては痛いだけ、これも練習が必要です。

橋爪塾長による肩甲骨アジャストメントの見本、肩甲骨を引き上げるのではなく、手前にアジャストメントするのがコツ。

卒業試験に備えて、橋爪先生のモーションパルペーションの見本を見せる。

胸腰椎のモーションパルペーション。

頸椎のモーションパルペーション。

仙腸関節をアジャストメントしてみせる。

胸椎アジャストメント、チェスタードロップ。

また全員で練習を繰り返す。

とにかく上達するには、練習するしかない。
2期生はほぼ、柔道整復師で整骨院で日々施術をしているので、上達は早い。

1期生、2年間は早かったですか?
年いっちゃったね。

仙骨のアジャストメントを実演して解説。

2期生も上達してます。

12:30 午前授業終了

外食ガード下の「大寅」へ

ガード下シリーズ、この日は、寺澤くんとまっちゃんで外食、詳しくは、「大寅」に記載。
若い人たちには、聞き馴染みがない演歌の流れる風情のある酒場。

午後基礎科授業

13:30 2期生1階で授業開始。
この日は、前回できなかった整形外科テストを交えて実技。
前々回の肩周辺のマニピュレーション中心に、ずっと実技。
写真はなし。
17:00 授業は終了

帰りはお遍路カーで

この日は赤石さんが送ってくれるというので、お遍路カーで南海堺駅まで送ってもらった。
彼はこの車で、四国八十八か所を、100回近く巡っている、信仰深い男。
1度お遍路に出ると、このお遍路カーで寝泊まりしながら、2.3回巡ってくるのだそうだ。

第2京阪、通行するのはたぶん初、すごく便利になっている。

昼間の食堂で、有線の演歌を久しぶりに聞いたけど、この車のBGMは演歌が、CDの10連奏コンポで、永遠に流れている、演歌づくしの一日だった。

夕焼けがきれいで演歌の流れる動画を撮影したつもりだったが、スマホのモードは写真だった、ざんねんである・・・
今年の授業は、あとわずか1回。
次回は11月8日です。

投稿者プロフィール

takahiro arikita
takahiro arikita志塾の広報宣伝部長
志塾とは関係のない内容が多いブログだが誰が見ているんだろうな?
https://www.facebook.com/takahiro.arikita