2017/06/25カイロプラクティック志塾

06/25シジュク

テーブルには触れないでよい
つまり斜めの角度は余り重要ではない?

パンタはやはり大事
下方足を絞る際に手を足で追い掛ける

更にDC膝下の絞りで仕上げる

絞りつつ骨盤回旋は必須

迎えにくる頭方足より絞りの下方足の追い込みが大切
頭方足の迎えは微調整

CPに重心のラインを引きライン上にパンタの中心軸を置く

足の具体的なポイントは今後の確認項目

身体が斜めになるのはCPに対してパンタの重心軸が斜めに入っている為

身体がカシ引き込みで傾くのは重心軸のラインに両足が乗っていない為に足を引いた時点で重心軸が斜めに傾くのが原因

パンタにより重心軸上に両足が乗っている場合は片足を引いても重心軸はそのままで軸上を足が移動するだけになる

モンパルは必ずニュートラルに戻して反対側へ入ること

右ーニュートラルー左

ニュートラルを抜かすと左右均等が崩れて不快感が残る

投稿者プロフィール

Toshio Nakamura
Toshio Nakamura志塾歴は5年目
大阪府吹田市で「トシオとイクミの俊カイロプラクティック院」をしています。男塾の大豪院邪鬼と同じく「卒業せずに居座る塾生」です