底冷えするが、実技は裸に

前々日と前日が、南国和歌山市にまで、雪が積もるほどの大雪で、塾生の交通機関が危ぶまれましたが、2014年2月9日、この日の天気は晴れた。

3回目からやっと記事が書いてあるが、文章になってない、訂正と加筆、また写真の差し替え、追加して書き直そう。
書き直しても、文章は小学校低学年の作文程度(立派な小学生ごめん)だが、書き直してもあまり代わり映えしない。

午前授業前

橋爪塾長のパソコンも新しくなったが、この日は段取りが悪く、前回の動画を入れるUSBが届かず、SDカードで持っていくと、このパソコンに入らない。
それで橋爪塾長が、施術所まで、SDスロットとりに行き、少し授業が遅れる事となりました。
しかもプロジェクターのピントブレがあり、奥さんにも来てもらいました。
今回で3回めの志塾ですが、まだ段取りのトラブルが多々あります。

午後仙解剖学授業

午前9時過ぎ、この日から、前回の解剖学復習のための、小テストが開始された。
海南カイロプラクティック院寺下先生も、前回に続き来てくれてます。

30分間のテストの結果はどうだったんでしょうか?午前9時30分解剖学授業です。

解剖学第10章/Ⅱ.全身の骨格
1.脊柱から P.169
開始約15分後から録画スタート。
まだプロジェクターピントのブレは解消していません。

講義はP.178まで午前10時45分から11時まで休憩です。

3階から見るとこんな感じの風景。

午前中はP.184の肘関節まで11時50分から昼休憩。
この日の弁当の昼ごはん中は、プロジェクターで人体のほんまもんの解剖映像を見ながらです。
すごく気落ちが悪いので、すぐに外へ出ていったけど、食べてる時に見る映像じゃないな。
せっかく京都の伏見まで来ているのに、コンビニ弁当は味気ない。

午後モーションパルペーション

午後1時からのモーションパルペーション授業は、寺下先生が、図を書いて説明してくれました。

今回のモーションパルペーションは、座位の胸腰椎前方後方に加え、左右上下の変位の確かめ方です。

寺下先生はベテランで、教えるのが得意、和歌山県療術業協同組合の会計もしてます。

プロジェクターが眩しくないのか、時折かぶります、消してあげたらよかったのだけれど、そんなことは気にしない寺下先生。

午後1時30分カイロプラクティック基本動作、だいぶ様になってきました。

橋爪塾長が好きな、上腕二頭筋と三頭筋を動かしてます。

午後1時50分から、座位の仙腸関節モーションパルペーションから伏臥位EX・IN連続で反復練習。
お互い検査した結果のリスティングをだします。
午後2時45分休憩ですが休憩中も休まない、熱心な塾生。

納得行くまで説明をしてもらってるようです。

やっときゅうけいらしい休憩。

午後3時10分、休憩終了後から、リスティングの説明。

再びモーションパルペーション反復練習の繰り返しが続く。

いつの間にか上半身裸になってる。

身長が高いと、通常のサービカルチェアや、ペルビックベンチではしんどいので、このスタイルで。

午後4時40分少し早いですけど、この日は終了しました。
モーションパルペーション座位での胸腰椎と腹臥位EXINのひたすら反復練習でした。
次回はこれにプラス頚椎が入ります。

ラ・ネージュは落語会もあるのか。

ラ・ネージュ3階の荷物置き場に、「桂塩鯛」のめくり発見!!
これも橋爪塾長の手作りだろう。

投稿者プロフィール

takahiro arikita
takahiro arikita志塾の広報宣伝部長
志塾とは関係のない内容が多いブログだが誰が見ているんだろうな?
https://www.facebook.com/takahiro.arikita

関連記事

  1. アジャストメントにあけくれる

  2. 彼岸桜咲き出す3月の志塾

  3. 8月10日のカイロ志塾は中止です

  4. X-ray授業後半と次期募集動画

  5. 検査、問診・修了テストは近い

  6. 東京から1名参加・外食スタート