「ラーメン大中」ネギ多い編

「ラーメン大中」

近鉄沿線ガード下の「特製ラーメン専門店大中」はこの日並んでいないし、外食組が2名だったので今年初行ってみることにした。
めんどくさい注文は相変わらずだったが、焼飯定食860円を注文、麺は固め、スープは豚骨醤油のノーマル、トッピング無し。

相方のまっちゃんは同じ焼飯定食だが、麺硬め、スープ豚骨醤油の濃いめ、ネギ多め、あとトンピングすべて注文、よく食べる食欲旺盛なまっちゃん。
初代のまっちゃんは、広島県の先生で滑舌がよくなく聞き取りにくかったが、2代目まっちゃんはハキハキしてる。(まあ普通です。)

これがノーマル大中ラーメン、ネギけっこう多いで。
昨年8月27日に佐藤先生がネギ多めを注文したけど、ノーマルとほぼ変わらずの量である。
見る角度によってはノーマルネギよりも少なく見えたのに、佐藤先生が「これネギ多めですか?」と訪ねたら、
店員は「そうですネギ多めです」と答え、人の良い佐藤先生はネギの量変わらずの料金で、30円多く支払っていた・・・
ここではネギはノーマルふつう、とくにトッピング無しでいいんじゃないか、と思う。

しかし食欲お旺盛な2代目まっちゃん、食べっぷりが見ていて気持ちいい。
自分も、もう少し食欲があったら、からだもでかくなっていただろう。

今回はネギの量が比べてみたら明らかに違う。

しつこいようだが、体つきが違うとやっぱり食べる量が違う、他に写真の対象となる人もいないし・・・

この日は体調が良くなかったので、焼飯を半分ほど食べてもらうことにした。(最近ずっと体調は良くない。)

またまたしつこいようだが、よく食べるまっちゃんのすがた。

もともとここの焼飯はうまかったのだが、作る人によるのだろうか、前回(昨年)より味が濃く美味しくなっていた。

腹いっぱい食ったら、午後から眠くんるんやけどなあ~、そんなこととは関係なく眠くなる人もいます。
誰とは言いませんけど・・・

大中へのアクセス

特製ラーメン専門店大中
京都市伏見区観音寺町215
・近鉄京都線「桃山御陵前」駅改札口より、高架下に入って20mくらい
・京阪本線「伏見桃山」駅より、東へ50m→高架下
・JR桃山御陵前駅から59m
営業時間 :11:00~翌2:00
定休日: 無休

大中メニュー

個人的にはこんなに種類はいらんないんじゃないかと思うラーメンの注文メニュー

麺のゆで加減: 硬め/普通/軟らかめ
スープの種類: 【元味】豚骨醤油/【新味】魚介豚骨醤油
味の濃さ: 濃いめ/普通/薄め
モヤシの量: 多め/普通/少なめ/なし
ネギの量: 多め/普通/少なめ/なし
チャーシューの脂身の量: 多め/普通/少なめ
温泉卵: あり/なし
キムチ: あり/なし

投稿者プロフィール

takahiro arikita
takahiro arikita志塾の広報宣伝部長
志塾とは関係のない内容が多いブログだが誰が見ているんだろうな?
https://www.facebook.com/takahiro.arikita

関連記事

  1. 十二屋の贅沢ランチ「京都姫牛まいう~」

  2. おうどんや三代目「饂の神」

  3. かつ廣

  4. 麺場田所商店

  5. 焼き肉・肉料理・但馬亭焼肉丼

  6. 陽気なオヤジが出迎えた懇親会は「鳥せい」