コロナが増えてきた大阪

大阪でコロナが増えてきた。検査数が同じなら東京越えしてそうな感じ。陽性率7%越え。

  • 「自粛だー」
  • 「無症状が多い、重症者少ないから大丈夫だー」

の2大政党がぶつかり合っている。

このまま何も無ければいいのだが、1つだけどうしても気になる事がある。

感染症って確か「最初はアクティブな層に広まり、静かに拡大する」といういわゆる無症状で元気な人達がエリアを広げていく。

そして次の段階で「市中に根付いた細菌・ウィルスが閉鎖空間を中心として非アクティブ層へと伝播する」みたいなことが感染症の本に書いていた様な気がする。

そして、第一波で日本でPCRを始めた時、それはもう「第二段階」に進んだ時であって「第一段階」の時には全くPCRどころか「コロナを水際で防げている」と主張していただけなんじゃなかろうかと。あの鉄壁の検査絞り込みによって無症状患者は全国ウォークスルーだったのだから。

門外漢の勘繰りであればいいのだが「無症状者が運び屋になる第一段階」は重症者が出ないのが当たり前であって、重症者数や死者が少ないという議論自体が意味ない気がするのだ。

病床数が2000だろうが、4000だろうが、問題は対重症者の病床数だ。ホテルの部屋まで病床扱いで数値化されても何も見えない。

何が最適化はわからないが、第二段階に移行しない事を願う。第二段階に関しては「文明を飲み込む雪崩が起こる」と書いていた事は覚えている。多分、ベストとかスペイン風邪、コレラとかを指しているのかな。

日本人は平常運転に関しては世界最強かもしれないが、非常事態には世界最弱レベルだという事だけは良くわかった。

「考える」「決める」「行動する」

この基本3原則を腹を括って取り組めるかどうか。

玉虫色の決断と行動は醜態をさらすだけに留まらず、何も積み重なる物が無いのだ。

何せ逃げ道が最初に用意されているのだから。

投稿者プロフィール

Toshio Nakamura
Toshio Nakamura志塾歴は3年目
大阪府吹田市で「トシオとイクミの俊カイロプラクティック院」をしています。男塾の大豪院邪鬼と同じく「卒業せずに居座る塾生」です

関連記事

  1. カイロプラクティック志塾のサブブログを復活

  2. 皆の臨床シェアの狙い

  3. マスク狂騒曲がもたらすもの

  4. リョウシンJV錠

  5. 持続化給付金について

  6. 新型コロナで自粛しても何かはする3