カパンジー機能解剖学Ⅲ【第5章】:頚椎中編

全国800万人のハッシーファンの皆さんこんにちは。箕面/茨木の彩都で産後の骨盤矯正しています。粒コーンです。

dummy
粒コーン

やばい、忘れてた

今日はカパンジー機能解剖学Ⅲ【第5章】:頚椎中編となります。

カパンジー機能解剖学Ⅲ【第5章】:頚椎中編

P212-213:下位頚椎の靭帯

  • 特になし

P214-215:下位頚椎における屈曲ー伸展

  • Cは互いに関節突起で接触している
  • 関節面は下後方
  • 伸展運動:上位椎骨が後方へ滑る
    • 前縦靭帯の緊張+骨性衝突による制限が掛かる
  • 屈曲運動:上位椎骨が前方へ滑る
    • 骨性衝突は無し
    • 靭帯の緊張によって制限される
      • 結構な靭帯が関わる
        • 後縦靭帯
        • 黄色靭帯
        • 椎間関節の関節包
        • 棘間靭帯
        • 棘上靭帯
        • 項靭帯
  • むち打ちについて
    • 強力な伸展運動→屈曲への返し
      • 伸展:骨性の損傷リスク
      • 屈曲:靭帯の伸長・損傷・断裂が起こりかねない
        • 椎体の衝突による骨性損傷:ハッシー理論
      • 【重症】関節突起の前方脱臼
        • 鉤椎があるのでそうは起こらないが。。。
        • 上位椎体の関節突起が下位椎体の関節突起を乗り越え、上端に引っ掛かる※戻れなくなる
          • 延髄・頚髄の損傷リスク
            • 突然死、四肢麻痺、対麻痺などのリスク
    • 自覚症状限らず「強制伸展ー屈曲の返し」があった場合はレントゲン、MRIで骨の位置と状態を確認する事が大事。

P216-217:鉤椎関節における運動

  • 椎間板の補助関節→鉤椎関節
  • Cの椎間板は実は辺縁まで達していない
    • Cは側屈が苦手な構造をしている
      • →改めて側屈の角度は
      • 軟骨の意味を改めて考えよう
    • 鉤椎関節は関節包に包まれており、内部に椎間板を含んでいる。
      • 滑膜タイプの滑動関節である
        • 滑動関節・平面関節・滑走関節は同義
          • 椎間関節や手根関節みたいなもの。
          • 平行移動が得意、それ以外は苦手
  • 図についての解説
    • 側屈角度において理論的には同じa a’ a”だが、伸展側の差が生じるので一致はあり得ない。伸展側靭帯や筋肉の弾性要素が加味されていない。
  • 側屈運動について※鉤椎関節において
    • 伸展と回旋が複合した側屈運動であり、純粋な側屈運動ではない
      • なお、回旋運動自体が複合的なもの。
      • 要は複合的な運動の結果が側屈。
  • 鉤椎関節は何かと省かれ過ぎ

P218-219:関節面の方向、側屈ー回旋の複合軸

  • 下位頸椎:純粋な回旋も側屈もしない
  • Cの関節面角度
    • 前提:水平に対して
      • C2-3:45度(C2)ー側屈+回旋の複合が最も強い
      • C3-4 :38度(C3)
      • C4-5:31度(C4)
      • C5-6:24度(C5)
      • C6-7:17度(C6)
      • C7-T1:10度(C7)ー水平に近い純粋な回旋

P220-221:下位頚椎における側屈ー回旋複合運動

  • 側屈ー回旋の複合運動
    • C2-T1の側屈ー回旋は伸展が付与される
    • 側屈→回旋→伸展の3段複合:Cの基本である
  • 下位頸椎の屈曲代償運動について
    • 下位頸椎は元々が水平に対して屈曲気味なので伸展動作に対して自然と屈曲代償が起こる

P222-223:側屈ー回旋運動の幾何学

  • だから何だ?の図

P224-225:頚椎の機械的模型

  • 関節面の純粋なイラスト?

P226-227:頚椎模型における側屈ー回旋運動

  • 不要?
    • 下位頚椎単独の為、現実的ではない
    • 学術的、限定的か

P228-229:側屈ー回旋運動時における頚椎の模型の比較

  • 下位頸椎の側屈→回旋は全体で25度の側屈を実現する。
  • 【論1】頸椎の側屈運動は常に回旋を伴っている
  • 【論2】純粋な回旋運動を得る為に:側屈運動の補正が必要
  • 【論2】純粋な側屈運動を得る為に:回旋運動の補正が必要
    • 常に後頭下頸椎が「補正」を行っている説
  • 結論は未だに謎という事か。

P230-231:後頭下頚椎での補正

  • 2週目以降読むとハマる

P232-233:頚椎レベルでの関節可動域

  • OCC屈伸:20~30°
  • 側屈総可動域:45度
    • Occ-C1:8°
      • P202どうなってる?
  • 頸部の総回旋可動域
    • 【前提】評価が困難
    • 片側80~90°
      • Occ-C1:12°
      • C1-2:12°
      • C3-C7:60°

P234-235:頚椎に対する頭部の平衡

  • 咀嚼面に厚紙を挟んで水平位置KEEP!それが頭部平衡(つり合いが取れている)だよ!
  • 頭部とは「相互支持型の梃子」である
    • 支持点は後頭骨顆にある
      • 乳様突起付近
    • 抵抗は頭の重量であり重心に加わっている
    • 力は項部筋力によって構成される
      • 頭部を前方へと倒す力(頭部の重み)と均衡し続ける
  • 【前提】
    • 頭部の重心は「頭蓋骨中心より前方」にある
      • 項部筋の持続的トーヌスが存在しているという事
      • 屈曲筋より項部伸筋群の方が強力な理由。
        • だから「前弯」が生まれている。
          • 腰椎も同じ原理なのか?
    • うたた寝の「カックン」は項部筋のトーヌス減少が理由。
  • 正矢
    • 後頭骨顆からC7の後下方隅に至る直線にC4の後下方隅から降ろす垂線を指す。
    • 要はC4-C5の位置
    • 頚椎前弯の頂点

P236-237:胸鎖乳突筋の構成と作用

  • 胸鎖後頭乳突筋がふさわしい論
  • 実は4頭筋
    • 但し、基本的に密着状態
  • 実は幅広の筋肉
    • 胸骨付着部だけを「胸鎖乳突筋」と間違えるケースが多い
  • 片側収縮
    • 収縮側への側屈
    • 収縮と反対側への頭部回旋
      • 右側収縮→左回旋

1.鎖骨乳突部

  • 一番深い
  • 起始:鎖骨内側1/3
  • 停止:乳様突起に停止

2.鎖骨後頭部

  • 起始:鎖骨内側1/2
  • 停止:後頭骨上項線の後方に広い

3.胸骨後頭部

  • 胸骨乳突部と結合
    • いわゆる「2個1」

4.胸骨乳突部

  • 起始:胸骨丙
  • 停止:乳様突起の前縁/上縁

P238-239:椎体前方の筋群:頚長筋

  • 椎体前方の筋肉で最も深部筋
  • C1前弓からT3まで椎体前面に広がる
    • 付着は「横突起前結節」か「椎体」前面
  • 正中線の両側の頚椎前面すべてを覆う
  • 両側同時収縮
    • 頚椎前弯の立て直し=頚椎の後弯=頸部の前屈
    • 安定筋としてとても重要
  • 片側収縮
    • 頚椎の前屈
    • 収縮側への側屈
    • 伸展
  • 両側収縮
    • 【前提1】頚椎の柔軟性確保
      • 頭部の伸展
      • 頚椎の過剰前弯
    • 【前提2】頚椎の固定状態
      • 頭部の屈曲
      • 胸椎に対する頚椎の屈曲

P240-241:椎体前方の筋群:頭長筋、前頭直筋、外側頭直筋

  • 頭長筋/前頭直筋/外側頭直筋
    • 頸椎の上方部分に位置している

頭長筋

  • 両側頭長筋の同時収縮
    • 頸椎に対する頭部の前屈
    • 頸椎上方部分の前弯の立て直し
  • 片側収縮
    • 頭部の前屈
    • 頭部の収縮側への側屈

前頭直筋

  • 環椎横突起の前結節前面から起こり
  • 後頭骨底部に停止
  • 筋繊維の走行は後頭骨から「やや外方、下方へ斜め」
  • 両側同時収縮
    • Occ-C1での頭部前屈
  • 片側収縮(3つの運動)
    • 頭部前屈
    • 収縮側への側屈
    • 収縮側への回旋
      • 右側屈+右回旋

外側頭直筋

  • 起始?:環椎横突起の前結節
  • 停止?:後頭骨経静脈突起
  • 両側収縮
    • 頚椎に対する頭部の前屈
  • 片側収縮
    • 収縮側への軽度側屈
  • 運動はOcc-C1間で起こる。

P242-243:椎体前方の筋群:斜角筋

  • 斜角筋の走行:頸椎の前外外側面

前斜角筋

  • 起始:C3-6の横突起の前結節から「4つの腱」をもって起こる
    • 最終的に「1つの腱」へと収束する
  • 停止:第一肋骨の前上端の結節に停止。
  • 筋繊維の方向性は「前下外方」に斜め

中斜角筋

  • 起始:C2-6の横突起の前結節+C7横突起から「6つの腱索」をもって起こる
    • 筋繊維の方向は下外方+やや前方
  • 停止:第一肋骨の上面に停止する
  • 鎖骨下動脈の通過によってできた溝の後方

後斜角筋

  • 起始:C4-6の後結節から「3つの腱索」をもって起こる。
    • 筋体は横に平坦で中斜角筋と一部融合している「
  • 停止:第二肋骨の上縁外側面に停止

斜角筋色々

  • 前斜角筋と中斜角筋の間には「隙間」がある
    • 腕神経叢の神経幹と鎖骨下動脈が通過する
  • 対象的収縮:大腰筋に近い
    • 胸椎に対してCの「前屈」
    • 頸長筋の収縮による固定が無い場合は「前弯」を生じる
  • 片側収縮:収縮側の側屈+収縮側と反対への回旋を生じる
    • 右収縮:右側屈+左回旋
  • 呼吸補助の役割
    • 頸椎固定時に上位2つの肋骨を引き上げる

P244-245:椎体前方の筋群全体

  • 参考資料

関連記事

  1. 回答サンプル

  2. カパンジー機能解剖学Ⅲ【第5章】:頚椎後編

  3. カパンジー機能解剖学Ⅲ【第4章】:胸椎後半

  4. カパンジー機能解剖学Ⅲ【第4章】:胸椎前半

  5. 基礎科カパンジーさんの学び方

  6. カパンジー機能解剖学Ⅱ【第1章】:股関節編 前編