回答サンプル

問題

頚椎が回旋運動をした時、頚椎の筋肉にはどの様な運動が起こっているかを述べよ

回答

頚椎には純粋な回旋運動が存在していない為、屈曲/伸展と側屈運動の組み合わせ+関節面によって結果として回旋運動が生じる。

なお、右回旋になるか左回旋になるかは筋肉の起始停止と回旋が生じる関節面との位置関係による。つまり、右側の筋肉が収縮したから「右回旋」とは限らない。

例1:棘突起から始まり、1骨上の関節突起後側に停止する場合

  • 左右収縮:伸展
  • 右側収縮:右側屈+疑伸展による右回旋(収縮側への回旋)

例2:関節突起前側に始まり、1骨上の関節突起前側に停止する場合

  • 左右収縮:屈曲
  • 右側収縮:右側屈+屈曲による左回旋(収縮側と反対への回旋)

投稿者プロフィール

Toshio Nakamura
Toshio Nakamura志塾歴は3年目
大阪府吹田市で「トシオとイクミの俊カイロプラクティック院」をしています。男塾の大豪院邪鬼と同じく「卒業せずに居座る塾生」です

関連記事

  1. カパンジー機能解剖学Ⅲ【第一章】

  2. カパンジー機能解剖学Ⅲ【第二章】:骨盤帯前半

  3. カパンジー機能解剖学Ⅲ【第三章】:腰椎後半

  4. カパンジー機能解剖学Ⅱ【第1章】:股関節編 後編

  5. 基礎科カパンジーさんの学び方

  6. カパンジー機能解剖学Ⅱ【第2章】:膝関節 前編