カパンジー機能解剖学Ⅲ【第4章】:胸椎前半

全国800万人のハッシーファンの皆さんこんにちは。吹田/摂津/千里丘で腰痛や肩こりでお困りの方はお気軽に。粒コーンです。

dummy
粒コーン

レッツカパンジー!

今日はカパンジー機能解剖学Ⅲ【第4章】:胸椎前半となります。

第四章:胸椎 前半

実はとても重要な胸椎です。ここを適当に矯正する先生が多いが、ポイントを絞って矯正をすると効果抜群である。

P142-143:胸椎と胸郭

  • 胸椎とは何か?
    • 胸郭の支持骨格である
    • 肩甲骨の支持骨格である
    • 回旋担当の椎骨である
  • 腰椎に比べて胸椎は障害されにくい
    • 質問:何に障害をされにくいのか?

P144-145:典型的な胸椎と第12胸椎

  • 胸椎の関節面を意識しよう
    • 上関節突起:後外方を向く
    • 下関節突起:前内方を向く
  • 矯正角度・方向をイメージするとやりやすい。

P146-147:胸椎の屈曲―伸展と屈曲―

  • 胸椎の伸展運動
    • 運動制限が著しい
    • 理由:棘突起によって制限を受けている
  • 胸椎の側屈運動
    • 胸郭含めての運動制限が掛かる
      • 胸郭が膨らまないと側屈ができない ※図4-8参照
    • 椎骨単独での運動は許されていない
  • 胸郭内部の空間について
    • 屈曲時:胸郭内部は広がる ※図4-9参照
    • 伸展時:胸郭内部は狭くなる ※図4-9参照
      • Q:背中を丸めた方が空気が入るのか?矛盾が生じる?

P148-149:胸椎の軸回旋

  • 腰椎とは全く異なる回旋軸を持つ。
    • 椎体のほぼ中央に軸がある ※図4-10
    • つまり、椎間板の回旋運動となる
      • Q:腰椎の回旋運動は??
        • A:引き違い運動となる。
      • 胸椎は腰椎の3倍の回旋能がある。
      • 胸椎は胸郭によってその回旋力を抑え込まれている状態にある。
        • 常に胸椎の動きは胸郭の限界によって制限されている。
        • 図4-11の力学は覚えておくと便利
          • 前方「3」「4」で剪断応力が生じる。※引き違い運動
        • 肋軟骨が柔らかい世代は胸椎の可動域は広くなる。
          • 加齢で肋軟骨の骨化が進むと柔軟性は落ちる。
            • 胸郭ブロックがより強固なものとなる為。
            • 高齢者は筋肉ではなく骨格的に振り向きにくい構造となる。
            • 「いつも通り」の動きは低下しつつ、自覚できない。
            • 何故なら「いつも通り」の感覚で動いている為
              • 高齢者特有の「確認不足」が生じる

P150-151:肋椎関節

  • 構造のお話

P152-153:肋椎関節周囲の肋骨の運動

  • 肋骨の運動性について ※図4-15参照
    • 肋椎関節と肋横関節を結ぶ2点X-X´の軸運動=回旋のみ
    • 肋骨は胸椎にぶら下がっており、常に前方回転のモーメントを掛ける
  • 部位ごとの運動性 ※図4-15,16,17参照
    • 上位:前後径を広げる
    • 下位:横径を広げる

P154-155:肋軟骨と胸骨の運動

  • いらないかな

P156-157:吸気時の胸郭の矢状面における変形

  • 仮定の話で進む推論なのでスルー。
  • 吸気の際、明らかに脊椎は動く。

P158-159:肋間筋と胸骨と胸横筋のメカニズム

  • 肋骨挙筋:吸気筋
  • 外肋間筋:吸気筋
  • 内肋間筋:呼気筋

P160-161:横隔膜とそのメカニズム

  • 横隔膜の構造
    • 胸郭と腹腔を分断する
  • 横隔膜のもたらす変化
    • 下降による垂直径の増大
    • 下位肋骨の挙上による横径拡大
      • 腱中心の固定点化による変化
    • 胸骨を介した上位肋骨の前後径の拡大
      • ※これは良くわからない。

P162-163:呼吸の筋

  • 呼吸の筋肉は大きく2分類
    • 呼気
    • 吸気
  • 2分類は更に2グループに分かれる
    • 主動筋
    • 補助筋
      • 異常にゆったりとした呼吸で参加
      • 強力な呼吸でも参加
    • ヨガもロングブレスも呼吸には等しく良いという事
  • 実際の呼吸の4グループ分類
    • 吸気筋の主動筋
      • 横隔膜
      • 外肋間筋
      • 肋骨挙筋
    • 吸気筋の補助筋
      • 斜角筋
      • 胸鎖乳突筋
    • 呼気筋の主動筋
      • 内肋間筋のみ
      • 呼気とは胸郭の「他動運動」である。
        • 呼気時には吸気筋に蓄えた力+胸郭の弾力性の「溜め」による力の開放=蓄えたエネルギーの復元が生じているだけ。
      • 呼気筋の補助筋
        • 腹筋群 ※非常に重要
          • 胸郭下口を強力に引き下げる。

関連記事

  1. カパンジー機能解剖学Ⅱ【第2章】:膝関節 前編

  2. カパンジー機能解剖学Ⅱ【第1章】:股関節編 後編

  3. カパンジー機能解剖学Ⅲ【第5章】:頚椎後編

  4. カパンジー機能解剖学Ⅲ【第5章】:頚椎前半

  5. カパンジー機能解剖学Ⅲ【第5章】:頚椎中編

  6. 保護中: 2021/05/23のレジュメ【授業後に自由閲覧】…