2013.12.14 志塾に参加する羽目になった忘年会

写真は2013年12月14日和歌山県療術業協同組合の年次総会のあとの忘年会、橋爪先生の乾杯の音頭直後生ビールをノドに流し込んでいる写真である。
和歌山県の白浜のまだ少し南にある椿の若竹という民宿での出来事なのです。

午後5時一応形だけの総会が終了し、6時からは1年間お疲れさまでしたの忘年会が始まる。
殆どの参加者は遠方からなのでこの民宿で1泊するからアルコールは飲み放題である。
この時季しか食べられない和歌山県では有名な高級魚のクエ鍋のフルコースの忘年会。
組合員は毎月積み立てをしていても1泊約1万5000円は安すぎる。

だいたいここで2時間飲んで食べて最後はクエ鍋の雑炊でしめる。
この当時私は生ビール2,3倍飲んだあと、焼酎をロックか燗で4合ほど飲んでもなんら変わることもなかった。

しかし毎度のことこの後の部屋に戻ってから持ち込みの宴会Part2が長いのだ。
酒が強い橋爪先生は別格で午前3時ぐらいまで延々と飲み続ける。
たまたまこの年に焼酎の一升瓶が用意されていたが、このメンバーで焼酎を飲むのは私のみ。
付き合いで焼酎をほぼ一人飲んでいたようだがある程度までしか記憶がない。

明くる日焼酎の一升瓶はほぼ空であった。
よく見るとアルコール度は29度と普通の焼酎より随分高い。
なんでなんだ用意したのはアルコールに全く弱い寺下先生。

二日酔いではなかったが次の日は酒臭かったんだろうな。

一日開けて他の先生や橋爪先生本人から電話がかかってきた。
なんとまったく記憶にないが、当日カイロプラクティック志塾発足に全面協力をしますと言っていたらしい。
というわけで年が明けて2014年1月から志塾に関わるようになった次第です。

投稿者プロフィール

takahiro arikita
takahiro arikita志塾の広報宣伝部長
志塾とは関係のない内容が多いブログだが誰が見ているんだろうな?
https://www.facebook.com/takahiro.arikita

関連記事

  1. 2012.12.1.和療協忘年会

  2. 2013.10.24 和療協健康診断

  3. 2013.6.27 和療協救命講習

  4. 2017.5.25 お帰りエレベーターシリーズ

  5. 2012.5.31 WRC定例会寺下先生

  6. 和歌山県療術業協同組合