和歌山県療術業協同組合

2011年(平成23年)1月27日から第4木曜日に月例となっていた組合の勉強会が和歌山市新中通2丁目25のオリエンタルパレス201の広々としていた施術院に変更された。
と同時に11年ぶりに組合に復帰した。
この日から内容は再びスペース療の橋爪先生のカイロプラクティック講座、この時は組合の理事長でもある。
パソコン内を探したのであるが、この時期の動画は残っているのだが写真はどうやら消失しているみたいで見当たらない。
冒頭の写真は2013年3月28日の組合員(全員ではないが)で撮ったたった1枚の記念撮影。
この前後も記念撮影的な写真は1枚もない。

和歌山県療術業協同組合の歴史

1998年(平成10年)9月14日
和歌山市秋月にて設立認可 理事長 有北隆洋、副理事長 稲田浩次、理事寺下勝彦 幡井昭憲 有北哲也、前島典彦、監事 藤原良規らが就任。

1999年(平成11年)9月1日
組合事務局を現在の和歌山市舟津丁に移転、理事長 有北哲也が就任。

1999年(平成11年)12月
11年度総会を開催、次年度事業についての予算、研修、その他事業について認証。

2001年(平成13年)6月
近畿合同自主研修会を兵庫県、滋賀県、奈良県、大阪府、京都府各療術業協同組合を招き「心肺蘇生講習会」開催。

2001年(平成13年)9月1日
理事長 橋爪正博が就任。

2002年(平成14年)5月
兵庫県、滋賀県、奈良県、大阪府、京都府各療術業協同組合を招き「麻痺患に対し理学的所見と施術方法と禁忌]を開催。

2004年(平成16年)2月6日
IT推進委員会主催の「HP作成講習会」を中央会助成事業のもとに開催。

2011年(平成23年)3月3日
新たに準組合員制度を設け、有北隆洋(再加入)、冨永一秀、杉本隆一らが加入する。

2020年
そして22年間続いた和療協WRCも令和2年幕を閉じる。

投稿者プロフィール

takahiro arikita
takahiro arikita志塾の広報宣伝部長
志塾とは関係のない内容が多いブログだが誰が見ているんだろうな?
https://www.facebook.com/takahiro.arikita