10万歩ミサトっ子が自壊した

全国800万人のハッシーファンの皆さんこんにちは。摂津/吹田/千里丘でヘルニアや坐骨神経痛でお困りの方はお気軽に。粒コーンです。

dummy
粒コーン

今日は本当に疲れた~

今回は10万歩歩いた100,000草履こと「健康ミサトっ子」についてである。

実はしつこく履いていた

だって、まだ履けそうだったんだもん。

踵が沈み、鼻緒は結構切れかけていた健康ミサトっ子であるが「まだ履ける」と判断をした粒コーンはそのまま履き続けていたのだ。草履は伊達じゃない。

流石にご臨終となった

何か穴あいた

10万歩ミサトっ子を履き続けていたある日、粒コーンは異変を感じた。

dummy
粒コーン

何か石をダイレクトに感じる。

健康ミサトっ子にそんな機能あったっけ?おかしいと思って見たら「穴」が開いていた。

この穴は左だけ。一つの結論が出た。

私は左重心の様だ

右利きなんだから当たり前だろ。なんて思わない様に。大事なのは仮説と検証なんだ。

結構ガッツリあいた

穴は結構ガッツリとあいた。よくもまぁ気付かなかったものである。

見事に貫通だ

表はこんな感じ

こんな状態だったのだがここで一つ皆に打ち明けなくてはいけない事がある。

私はまだ履き続けたのだ。

dummy
ツブコーン

地面と会話できるじゃないか

そんな認識で履き続けたのだ。行くぞ前人未踏の世界へ。

そして伝説へ

遂に私の健康ミサトっ子草履が究極進化を遂げた

ドン!

これが最終形態だ

鼻緒ぶっちん

鼻緒は切れた。

写真では首の皮一枚繋がっている様に見える。実際そうだったんだ。

この10秒後に切れた

だが諦めるのは早い。

結べば何とかなる

まだまだいける。ここで捨てる奴は草履を履く資格なんて無い。ここからが本番なんだ。

後ろの方までぶっちん

流石にこれは無理だ

鼻緒を修理して「あと1年は履ける」と思ったら10分持たなかった。

今度は後ろがぶっちんである。

ここまで来るともう草履の声が聞こえて来る。

「もう勘弁してください」

そう言うんだったら仕方が無い。

そして10万歩草履は正式に引退したのである。

コロナ自粛期間にもう10万歩

実はコロナ騒動で予約の9割がスキップという悲劇に見舞われた当院。

今既に2ヵ月目のスキップが始まっている。コロナ明けに向けて動き出した人が少しずつ予約をくれているがそれでも悲惨な状況である。

時間ができた。

よし、もう10万歩歩こう

2021年度も10万歩歩いた

 

投稿者プロフィール

Toshio Nakamura
Toshio Nakamura志塾歴は5年目
大阪府吹田市で「トシオとイクミの俊カイロプラクティック院」をしています。男塾の大豪院邪鬼と同じく「卒業せずに居座る塾生」です