ヒトの電気抵抗について(EMSネタ)

全国800万人のハッシーファンの皆さんこんにちは。吹田/摂津/千里丘で腰痛や肩こりでお困りの方はお気軽に。粒コーンです。

dummy
粒コーン

電気にはまる私

今日は電気治療器(EMS)を調べてる途中で改めて学んだことをシェアします。知ってると知っていないで全然違いますから要勉強だ!

ヒトの電気抵抗

  • 前提1:人の電気抵抗は身体の「外(皮膚)」と「内(内部組織)」で決まる。
  • 前提2:特に「皮膚の抵抗」が大きい。
  • 前提3:「内」の電気抵抗は500~1,000Ωで一定。
  • 前提4:「外」は環境変化で抵抗値が変化しやすい
  • 前提5:電気は抵抗値の低い方へ選択的に流れる。

電気抵抗の実際

  • 乾燥時:数千~数万Ωと大きい
    • 主に皮膚の環境に依存
  • 濡れた際:1/10~1/25まで落ちる。

中周波

ヴェデンスキー効果を起こしやすいとされる。いわゆる神経過敏状態。閾値を下げるともいう。ウェデンスキー抑制:神経ブロック効果とも呼ばれる。

投稿者プロフィール

Toshio Nakamura
Toshio Nakamura志塾歴は3年目
大阪府吹田市で「トシオとイクミの俊カイロプラクティック院」をしています。男塾の大豪院邪鬼と同じく「卒業せずに居座る塾生」です

関連記事

  1. ハイブリッドトレーニング

  2. 産後ママの小ネタ

  3. 室温2.5度上げれば頻尿4割減 大学などの調査で証明

  4. 久しぶりに真面目な話をば【集客に関して】

  5. 軸圧負荷と骨折治癒過程の関係

  6. 海外セレブも愛用!を語ろう