味覚についての備忘録

全国800万人のハッシーファンの皆さんこんにちは。吹田/摂津/千里丘で腰痛や肩こりでお困りの方はお気軽に。粒コーンです。

dummy
粒コーン

今日も良く働いたわ!

コロナ自粛中の「コロナ明け」対策に向けた予約が少しずつ入ってきました。健康意識の高い人はいる!それを掘り起こそう!

ちょっと味覚を調べてみた。

実は私の兄貴が大好きなカレー屋さん。そこはもう閉店しているのですが「甘味の後に辛味」という美味しいカレーが特徴でした。前半がフルーツ、後半がカレー!みたいな。

dummy
ツブコーン

何か画期的!

初めて食べたのが5年くらい前だったのですが、その時から味覚をもう少し詰めたいなと思っていました。

味覚発動条件

  • 化学的受容体に物質が結合したらドーン。
  • 味蕾の先っぽに受容体がある。

資料あった

  1. 砂糖(甘味) 0.4~0.7
  2. 食塩(塩味) 0.06
  3. 塩酸(酸味) 0.004
  4. キニーネ(苦味) 0.0003
味の交差も色々
  • 塩味は甘味を強調する
  • 酸味とか苦味も同じかも

閾値が低い甘味が先に来るには

甘味の閾値は高過ぎる。辛味を後から感じるには位置関係が重要になるのかな。

そうなると喉の奥にカレーを放り込んだら辛味がいきなり来るのかな。

引用:https://www.miaki-koo.com/

ちょっと前まで1901年

味覚についてのデータはちょっと前まで「1901年」の論文がベースになっていたと書いてある。

dummy
ツブコーン

これホンマかいな。

流石にそれは古すぎへんか。誰も何も研究してへんかったんかいな味覚。

これはもうアテにならんらしい

やっと科学が明らかにした

特定の場所に特定の味蕾が備わっているというより、元々「味蕾細胞」はどの味に対しても対応できる状態だった様です。

dummy
ツブコーン

どう成長するかという話か

もうちょっと詳しく調べた方がいいかな。

投稿者プロフィール

Toshio Nakamura
Toshio Nakamura志塾歴は5年目
大阪府吹田市で「トシオとイクミの俊カイロプラクティック院」をしています。男塾の大豪院邪鬼と同じく「卒業せずに居座る塾生」です

関連記事

  1. 筋損傷と損傷筋の筋トレの小ネタ

  2. 内分泌系の変化:妊娠

  3. ヒトの電気抵抗について(EMSネタ)

  4. 色々調べてみた痩身系統

  5. 集客時の小ネタ

  6. プリューゲル・アルントシュルツの法則とEMSについてちょっと…